仮想通貨市場をリードする日本と、今後

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

日本における仮想通貨市場

日本の金融庁の最近のデータによると、国内で350万人の仮想通貨取引者が活動しているということで、仮想通貨に大きな関心を示しています。

この調査では、日本の仮想通貨取引所の17件から、日本で最も取引されている仮想通貨はBitcoin(ビットコイン)Ethereum(イーサリアム)Ripple(リップル)Bitcoincash(ビットコインキャッシュ)Litecoin(ライトコイン)であることがわかりました。

ほとんどの通貨トレーダーは20歳から40歳までの年齢で、30代のグループが34%を占めています。 ビットコインの年間取引は、2014年に2200万ドルから2017年には970億ドルに上昇し、先物取引としてのビットコイン取引量は、同じ期間に200万ドルから5,430億ドルに増加しました。

ICOに対する規制

急速に拡大している取引の理由として、おそらく日本がICO規制に実践的なアプローチを取っていることが挙げられます。

中国と韓国がICOの全面的な調査を保留する一方で、日本は今月、 政府が支援する研究グループが、適切なICOに承認を与えることができるガイドラインの作成に取り組むことを発表しました。

このガイドラインには、ICOを取り巻く多くの政府当局が懸念している、マネー・ロンダリング防止のための投資家の特定が含まれています。 また、このガイドラインでは、詐欺やインサイダー取引を防止するためのサイバーセキュリティ対策の強化についても説明しています。

日本のICOを合法化することは、他の国にとっても前例になるため有益であり、規制がどのように正確に機能するかが非常に注目されています。

コインチェックのハッキングと売却

今年初めに、Coincheckがハッキングされ、5億5000万ドル相当のNEMトークンが盗まれたときに、仮想通貨を規制するという発表が強まりました。ちなみに、盗まれたトークンの多くがすでに資金洗浄された、と報道されています。

Coincheckはその後、スタッフの規模・能力を超えた取引規模を理由にマネックスに3400万ドルで売却されました。

大きな金額の持ち主が変わるため、ICOは詐欺や搾取に弱いです。チャットサービスであるテレグラムは、これまでに最大規模のICOで17億ドル以上の資金を調達しましたが、その資金を悪用しようと新しいテレグラムグループを装って合法的に登録された会社も発見されています。

市場の発展と問題

多くの人が規制を必要とする場所では、日本の努力は、投資家を保護し、仮想通貨市場を発展させるために、ICOがフィンテック、ブロックチェーン、および伝統的な金融市場に組み込むための解決策になるかもしれません。

日本は現在、正式に世界最大のビットコイン取引市場ですが、より規制された環境でその成長を維持する、という問題に政府は確かに直面しているようです。

3.5 Million Active Traders: Japan Leads the Way as Cryptocurrency Activity Soars