Amazon、データ市場に仮想通貨を活用へ。

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

Amazonは、加入者がリアルタイムの暗号化トランザクションデータを受信できるようにする、ストリーミングデータ市場の特許を取得しています。

この特許は、個人および組織がストリーミングデータフィードを販売して、顧客が購読することができるシステムを記述しています。これは、電子商取引およびクラウドコンピューティングの巨大企業の子会社であるAmazon Technologiesに、火曜日に与えられました。

そのシステムに加えて、開発者(個人及び組織)はリアルタイムのダッシュボードの構築、例外の自動検索、アラートの生成、開発者への提案、リアルタイムのビジネスの意思決定を行うことができるとのことです。

Amazonの提出書類には、「Webサイトのクリックストリーム、マーケティングおよび財務情報、製造機器およびソーシャルメディア、運用ログ、データ検索」などを含む市場の潜在的なユースケースが多数リストされています。

ビットコインと仮想通貨のトランザクションデータを例に挙げて、個々のデータストリームはそれほど貴重ではないかもしれないと主張しています。 しかし、このデータと追加の情報源からの情報を組み合わせることにより、データストリームはより価値が高くなるかもしれません。

この特許は、以下を含みます。

例えば、ビットコイン取引を受け入れる電子またはインターネット小売業者のグループは、ビットコインアドレスと相関する可能性のある配送先住所を有することがある。電子小売業者は、配送先住所をビットコイン取引データと組み合わせて、統合されたデータストリームとして、相関データを作成する。

この提出書類には、市場での法執行に対する潜在的な魅力についても言及されています。

Amazonはこのように述べます。

例えば、法執行機関は顧客であり、ビットコインアドレスに関連するソースIPアドレスと出荷先アドレスを決定するために、ISPデータと国別に相関するグローバルビットコイン取引を受けることを希望する可能性があります。

ストリーミングデータ市場は、例えば、GB(ギガバイト)単位でこのストリーミングデータの価格を引き上げる可能性があり、代理店は、分析モジュールを使用して所望のデータに対して分析を開始することができます。

Amazonが市場を構築しようと決心した場合、中央集中型サービスは、類似した、より地方に分散した市場を構築している新興企業に競争上の脅威をもたらす可能性があります。

StreamerのCEO、Henri Pihkala氏は、「データマーケットプレイスは新しいアイデアではないが、最終的にユーザーの行動がデジタルでデータが作られるのは斬新である」と述べました。

加えて、このように述べました。

それがAmazonの究極のビジョンだとすれば、素晴らしいことですがですが、そういう考え方は会社のDNAにないと示唆しているかもしれません。

Amazon Sees Bitcoin Use Case in Data Marketplaces