イーサとは何か?

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

イーサはイーサリアムブロックチェーンを駆動するトークンだが、ビットコインブロックチェーンに対するビットコインとは若干異なる役目を果たしている。イーサは公開市場で取引されビットコインと似た値動きを示しているとはいえ、両者は設計上まったく異なっている。

イーサはピア・ツー・ピアの支払いネットワークでの通貨単位を目的としたものではない。むしろイーサリアムネットワークを駆動する「燃料」あるいは「ガソリン」として機能している。

もっとも上のレベルで見ると、イーサリアムはスマートコントラクトを実行するオープンソースプラットフォームだ。ブロックチェーン上でスマートコントラクトを実行する際、一定の条件が満たされるとスマートコントラクトは自ら実行するようになる。

スマートコントラクトの実行にはコンピューター資源が必要になるが、それに対して何らかの方法での支払いが発生する。イーサが登場するのはここだ。

イーサはスマートコントラクトを実行できるようにする暗号通貨の燃料だ。イーサはノードがイーサリアムブロックチェーン上のブロックを検証する報酬となるもので、スマートコントラクトのコードを含んでいる。

ブロックが検証される度に5イーサが作られ、検証に成功したノードに与えられる。新たなブロックは大体15~17秒ごとに生成される。ノードの中にはネットワークに含まれていないブロックに対する正しいソリューションを見つけることもある。イーサリアムネットワークはこのようなノードにも2~3イーサを与えている。

イーサリアム上の分散化されたアプリケーションとやり取りする個人は、利用料としてイーサを払う必要がある。開発者にとっては、分散化アプリケーションを作成することでイーサが支払われることが動機付けとなる。

開発者はまた、高品質のアプリケーションを作ることで動機付けされる。無駄の多いアプリケーションは高くつき、より良いアプリケーションほど頻繁に使われることはないだろうからだ。

この情報を使うと、イーサ周辺の物語はよりはっきりする。最終的な使われ方はおそらく基本的なボタンクリック操作で抽象化されるだろうが、イーサリアムが広く使われるようになると仮定すると、イーサはユーザとマイナーを行ったり来たりするようになるだろう。

イーサの価値はイーサリアムブロックチェーンの利用と直接結びついている。

イーサはインフレを誘発するか?

イーサの総供給量にはビットコインの総量のような上限はない。最初のクラウドセールで6000万イーサが発行され、そのうち1200万イーサは初期の支持者やイーサリアム財団のものとなった。集めたお金は将来的な開発の取り組みに対する資金提供に使われるだろう。

イーサの発行モデルは、人気のある他の暗号通貨資産と異なりデフレを重視しないことがユニークな点だ。最初、イーサの発行数は年1,800万イーサの上限があった。この値はクラウドセールで供給した量の25%に相当する。

しかし最近になってヴィタリック・ブテリン氏は、イーサの発行数はあらかじめ予定するものではなく、セキュリティに左右される、と述べている。この発行割合は年によって変わらないが、通貨のインフレ率は毎年下がっており、イーサはインフレ収束に役立っている。インフレ収束とは時間と共にインフレ率が下がることだ。

イーサは毎年失われていくと予想されている。その理由はユーザが秘密鍵を忘れたり、秘密鍵を誰かに伝えずに亡くなったり、対応する秘密鍵を持たないアドレスに送金したりすることがあるからだ。

ネットワークの成長と共にイーサの年間損失率は年間発行率に等しくなると予想されている。願わくば、ビットコインが新たなコインの発行を終了する2140年までにイーサがデフレとなればいいのだが。イーサリアムの発行モデルの詳しい分析については、Joseph Lubinの記事に書かれている。

この計算は確定したものではない。イーサリアムは合意アルゴリズムをプルーフ・オブ・ワークからプルーフ・オブ・ステークに変更すると予想されており、理論的にはより効率的になりマイニングの報酬も少なくて済むと考えられている。

この現行によりイーサリアム経済圏に何らかの不確実性がもたらされている。イーサリアム財団では現在通貨に対する考えられる影響を調査しているが、ネットワークへのあらゆる変更は、下心を持っている可能性がある個人ではなく、スマートコントラクトが行う、と同財団は主張している。

Ethereum(イーサリアム)とは?基本情報 Ethereum(イーサリアム)とは、分散アプリケーションのためのプラットフォーム...

What Is Ether?