取引所クラーケン、日本から撤退へ。

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

世界で最も長く運用されている仮想通貨取引所の1つであるクラーケン(Kraken)は、日本人のための取引サービスを終了することがわかりました。

サンフランシスコを拠点とする同社は、将来的にサービスを再開する可能性があるとしていますが、日本での事業のコスト上昇を挙げています。 2014年10月に始まったすべてのサービスを6月末までに中止することを暫定的に計画しているとのことです。

「日本人向けのサービスの一時停止は、他の地域での改善のための資源にもっと集中することができるだろう」

と同社は述べました。

「これは日本だけの住民に影響を与え、日本の外に居住する日本国民や企業には影響を与えない、ローカライズされたサービスの停止です。」

クラーケンは、コインマーケットキャップによると、過去24時間で世界全体で第1位にランクされ、1億9000万ドル相当の取引が行われました。 ライセンスなしで日本で営業することが認められており、 同国の金融庁は、セキュリティを強化するためのより広範な取り組みの中で、取引所の検査を実施してきました。

日本は、仮想通貨取引の中で最も有効な地域と見なされていた長い間、今年起きた暗号取引所の5億ドルのハッキングを経験するなど苦労がありました。

しかし、議員たちはしっかりと支持し続けており、仮想通貨をを完全に禁止するのではなく、新しい取引(取引所)を規制する方向に動いています。

今月初め彼らは、中国や韓国のような場所では禁止されている、資金調達のテクニックであるICO(Initial Coin Offering)を合法化するための第一歩を踏み出しました。

Cryptocurrency Exchange Kraken Pulls Out of Japan