NASA、宇宙調査にイーサリアムブロックチェーンを活用へ。

Translate this article into English

シェアする

NASAによって資金提供され共同研究されているプロジェクトは、宇宙デブリ(宇宙ゴミ)を避けながら宇宙船操作を自動化するために、イーサリアムブロックチェーンのスマートコントラクト技術を活用しようとしています。

NASAは、深い宇宙探査に深刻な影響を及ぼす可能性がある開発において、宇宙通信と航行をより効率的かつ安全にするために、ブロックチェーン技術の使用を根本的に想定した研究プロジェクトに資源を投入しています。

この研究プロジェクトは「弾力的なネットワークとコンピューティング・パラダイム(原文:Resilient Networking and Computing Paradigm)」と名づけられ、アクロン大学(UA)の電気・コンピュータ工学の助教授、ジン・ウェイ・コチシュ博士によって率いられています。

3年間にわたって330,000ドルの助成金を受け取るコチシュ氏は、宇宙船が地球上の科学者からの重要な情報に頼る必要がなくなる「経験知識的アーキテクチャ」の開発に取り組みます。

代わりに、イーサリアムベースのスマートコントラクトは、宇宙船が衝突時に著しく損傷する可能性がある浮遊スペースの破片を検出し、回避するために「(船自体が)自分自身で考える」ことに役立つだろうと、UAの発表で説明されています。

コチシュ博士はこのように述べます。

このプロジェクトでは、イーサリアムブロックチェーン技術を活用して、宇宙探査のための分散型の安全で認知的なネットワーキングとコンピューティングインフラストラクチャーを開発します。

インフラストラクチャーの回復力を向上させるために、ブロックチェーンコンセンサスプロトコルをさらに検討する予定です。

コチシュ博士は、分散型アーキテクチャが、宇宙船が他のタスクと並んでデータ収集を自動化するのを助け、科学者が地球上で宇宙探査機の飛行経路の計算に時間を費やす代わりに、データを分析して環境上の危険を予期することを期待しています。

「私は、環境上の脅威を認識し、それらを回避できる技術を開発し、多数のタスクを自動的に完了することを望んでいます」とコチシュ博士は付け加えました。

また、NASAの先進通信プログラムマネージャー、トーマス・カックラ氏によると、分散型テクノロジーの適用は「次世代宇宙ネットワーク」につながる可能性があります

この研究プロジェクトは、「NASAの宇宙ネットワークノード間で安全な方法で分散処理を行うこと」につながる可能性があり、今日のネットワークを統合できるスケーラビリティと応答性に優れたネットワークを意味する、とNASAの関係者は付け加えました。

Ethereum(イーサリアム)とは?基本情報 Ethereum(イーサリアム)とは、分散アプリケーションのためのプラットフォーム...

NASA Researches Ethereum Blockchain Tech for Deep Space Exploration