コインベースは、ビットコインのフォークコインを引き出せるようにしていくことを発表

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


仮想通貨のスタートアップ、コインベース(Coinbase)は木曜日、今後数ヶ月の内に、顧客がビットコインネットワークのフォークから生じる資金を引き出せるようにする予定であると発表しました。

ブログの投稿の中で、確たるタイムラインを発表しませんでしたが、このスタートアップはフォークの引き出しサポートを追加していると発表しました。

「この変更により、ビットコインからフォークしたコインに関連する資産をすべて、コインベースのサービス上でより簡単に回収することができるだろう」と書いています。さらに加えて、以下にも触れました。

「いつものように、どのビットコインからフォークした資産をサポートするかを決める際には技術的、運用的、法的な面を考慮するだろう。また常にどの特定の資産がサポートされるかをウェブサイト上で公表するだろう。」

コインベースは、「現在のところ、どの資産をサポートするかを特定するようなことは発表していない」と述べています。

この発表では、コインベースは、当社のカスタディプロダクト上で、将来のビットコインのフォークをサポートするよう動いていき、このプラットフォームはGDAXやコインベースよりも、将来的にはより多くのフォークされたアセットをサポートする可能性が高いと付け加えた。

そのデジタルアセットの取引所であるGDAXは、顧客がビットコインのフォークコインを引き出すことを可能にする予定ですが、それらを取引することは予定されていません。

同様に、コインベースの基本プラットフォームにより、顧客はフォークされたアセットを引き出すことができますが、取引はできません。さらに、このスタートアップは、将来的に顧客のアセットがコインベースに追加されることなく、GDAXに追加される可能性があることにも触れました。

2月に公表された、商業サービスに比重を置いたコインベース・コマースは、フォークされた資産をサポートする予定はありません。コインベース・インデックス・ファンドは、GDAX取引で利用できない資産をリストアップしない予定です。

木曜日に発表された別の発表では、このスタートアップは、このテクノロジーを扱う企業に資金を提供する新たな段階のベンチャーファンドを発表しました。

「最初は少なくとも、我々の目的は、この反映する業界の中で、最も魅力的な企業を支援することです。」とコインベースは発表しています。

Coinbase to Let Users Withdraw Funds from Bitcoin Forks