日本のリサーチグループが、「適切な」ICO規制を求める

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


日本の研究グループは、投資家保護とマネーロンダリング防止に焦点を当てたものを含む、ICOに関する一連の提案を提出しました。

日本の下院議員である多摩大学教授・平井拓也氏により率いられたICOビジネスリサーチグループでは、仮想通貨取引所であるビットフライヤーCEOの加納雄三氏などをアドバイザーに擁し、様々な金融機関、ベンチャー企業、民間企業などがメンバーになります。このグループは、昨年11月に始めて結成されました。

木曜日に発表されたこの報告書にでは、「ICOが公的信用を得て健全かつ信頼できる資金調達手段として拡大するためには、適切なルールが設定されなければならない。」と述べられています。

当グループの刊行物には記載されていませんが、ブルームバーグ・テクノロジーによると、この提案は、今月末に金融規制当局である金融庁(FSA)によって検討され、最終的に法律になる可能性があると報道されています。

2月には、規制当局がトークンの販売を考慮して、既存の法律や規制の改正を検討しているとの報道がありました。FSAはまた、昨年10月、ICOに関連するリスクを強調した警告を発してもいました。

さまざまな提案

このグループは、トークンの発行と売り上げの問題に関して、発行者は、株主および債権者などの投資家に対し、残存資産同様に「調達された資金の分配に関するサービスや規則などの便宜供与のための条件」を概括することに加えて、ホワイトペーパーの開発状況を追跡するための手段を提供すべきであると主張しています。

同様に、当グループは、ICOは「既存の株主および債務者に受け入れられる」ように設計されるべきであり、伝統的な資金調達手段を回避する手段として使用されるべきではないと勧告しています。

投資家を守るために、投資家の適性を評価し、その身元を確認するために、トークン発行者は既存のKYCメソッドを遵守すべきであると示唆しています。彼らはまた、インサイダー取引を防止する措置も提唱しました。

「トークンの上昇に関する業界共通の最小限の標準企画を定義し、採用するべきである」と報告書は結論づけています。

「多岐にわたる問題があり、すべての解決策を見つけるのは容易ではないだろうが、これらの提案が各関係者の今後の議論に貢献することを願っている」

Japanese Research Group Calls for ‘Appropriate’ ICO Rules