ビットコインが2018年第2Qに回復する3つの理由

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


ビットコインによって、今年はぼんやりとしたスタートとなりましたが、ここでは太陽が登りつつあります。

規制当局からの圧力と広告プラットフォームからの冷たい態度の中で、第1四半期には時価総額から1,190億ドル減少した後で、ビットコインの価格は回復の準備が整いました。

そして星が第2四半期に起こることに向けて並び始めているようです。CNBCのブライアン・ケリー(Brian Kelly)は、次の四半期のビットコイン価格の原動力を概説し、追加しました。

1.米国の税務上の問題

米国では、4月15日がタックスシーズンの終わりとなり、今まさにその辺りにあります。12月のBitcoinの大幅な上昇の中で利益を得た投資家は今、アンクル・サムに金を払わなければならず、3月のBitcoin価格の売り圧力の一部を説明することができます。

ケリー氏は、3月に起こった「税金関連の売り」は1週間と数日で終了するだろうと指摘しています(またそれとは別に、ケリー氏は、大ヒットした20億ドルのテレグラムICOがBTCからの投資を引き離した可能性があるとも指摘しています)。

2.コインチェックの取引が完了間近

以前CCNが報道したように、日本のコインチェックは売りに出されるかもしれません。販売するだけでなく、可能性のある買い手であるオンライン証券会社マネックスグループは、米国のトレードス​​テーション(大量のデータとチャート機能を持つ)の親会社であり、公開されています。

「これは大きな自信を高めることである。日本の規制された公開会社が、仮想通貨取引所を購入しようとしている」とBKキャピタルマネジメント(BK Capital Management)のブライアンケリー最高経営責任者(CEO)はCNBCに語りました。

ケリー氏は、「大きな、かつ、小さな転換」と付け加えました。

3.歴史はBitcoin側にある

あなたが愚かな通貨を購入しようとしていない限り、3月はビットコイン投資家にとって、見るも無残な状況でした。

しかし、ビットコインの価格が苦しんだとしても、そのパフォーマンスが、歴史が繰り返されるということを証明するでしょう。ファンドストラット(Fundstrat)のデータによると、3月は歴史的に見ても「過去7年間のうち、パフォーマンスが良かったのは、1年だけ(2013年)」という、先導的な仮想通貨にとっては悲惨な月です。

ファンドストラットによると、歴史的に4月はビットコイン価格にとって最高の取引月の1つであることから、前向きなニュースになります。

その他の追い風

ビットコインの力は、それに反する力よりも強いものです。ビットコイン価格のこれらの3つの要因が差し迫っているように見えますが、他にも要因となることはあります。

例えば、米国を含む世界中の主要なビットコイン市場は、他の理由においても、不確実性を取り除くための規制の枠組みを待っています。仮想通貨マーケットが、さらに上に上がっていくために必要とする触媒かもしれません。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

3 Reasons Why Bitcoin Price Will Rebound in Q2 2018