日本の仮想通貨取引所のコインチェック、マネックスの買収提案を受け入れへ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


東京に拠点を置くコインチェック(Coincheck)社は、2018年1月26日の壊滅的なハッキング被害に会って以来、再建しようと奮闘してきましたが、日本のオンライン証券会社、マネックスグループによる買収提案を受け入れることに合意しました。

日経アジアンレビューによると、その一環として、マネックスの最高執行責任者(COO)、勝屋 敏彦氏がコインクチェックの新社長に就任し、コインクチェックの創業者和田浩一郎氏と大塚裕介最高執行責任者(COO)が退任することになったとのことです。

買収提案と経営陣のマネジメント層の刷新に関する噂は、2018年4月3日に駆け巡りました。すぐ後に、マネックスはプレスリリースでこれを検討していることを認めました。

新しい経営陣と一緒に、コインクチェックは、マネックスから「数十億円(10億円= 934万ドル)」の新規の資本を受け入れます。最終的な詳細は、契約締結後、早ければ金曜日にリリースされる予定です。

マネックスは、ブロックチェーンに基づく金融テクノロジーサービスをビジネスの中核にしたいと以前から検討していました。この証券会社は、コインクチェックの買収により、コインチェックの顧客基盤と情報システムに加えて、仮想通貨取引所ビジネス参入へ早急な道程に入ることになります。

2017年4月、日本で新たに法律が制定され、同国での仮想通貨取引業は、日本の金融機関(FSA)から免許を求めることが必要になりました。法律が施行される前に業務を開始していた取引所は、登録が承認されるまでの間、業務を継続し、コンプライアンスチェックを受けることができました。

コインチェックは、ライセンス申請が保留されている、仮登録状態のままだった16の取引所の1つでした。コインチェックは、1月に5億3000万ドル相当のNEM(XEM)トークンを盗難された後、FSAから2件の業務改善命令を受け、取引所業務の見直しを求められ、管理責任を明確にしている最中でした。

コインチェックは、犠牲者に盗まれた資金の大部分を返済すると主張し、それを実行したばかりでした。

コインチェックは、引き続きFSAのライセンスを申請し続ける予定です。FSAは、コインクチェックがマネックス証券の下で、業務を見直しが実行されたかどうかを精査する予定です。

Japanese Cryptocurrency Exchange Coincheck Accepts Monex Takeover Bid