インド、銀行の仮想通貨購入処理を禁止

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

中央銀行が採択した新しい制度によると、インドの人々は今後、銀行口座から仮想通貨を購入することはできません。

インドの通貨準備銀行(RBI)によって木曜日に発表された政策によると、RBI規制機関は顧客に仮想通貨の購入手続きを行うことを禁じており、銀行が「仮想通貨通貨の取り扱い・決済取引サービス」を提供することを禁じています。

報道によれば、

通貨準備銀行は、仮想通貨を扱う際に生じる様々なリスクについて、Bitcoinを含む仮想通貨のユーザー、所有者、取引業者に繰り返し注意喚起を行ってきました。こうしたリスクを考慮して、RBIによって規制されている事業体は直ちに、仮想通貨を扱っているか、または決済している個人または事業体に対し、今後の取り扱いを行うことを禁止します。既にそのようなサービスを提供している事業体は、指定された期間内に取引を停止するものとします。

この禁止措置の結果として、取引を行う個人・業者は、仮想通貨の取引の際には、LocalBitcoinsなどのピアツーピア(P2P)取引プラットフォームを使用することを余儀なくされることになります。 CoinDanceのデータによると、INRに指定されたLocalBitcoins取引は、現在、毎週約百万ドルの量を占めています。

India Bans Banks from Processing Cryptocurrency Purchases