ビットコインウォレットサービスのブレッドウォレットは、エアドロップを行いつつ、イーサリアムをサポートする予定です。

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


仮想通貨のウォレットサービスである、ブレッドウォレット(BreadWallet)はトークンの販売から3カ月後となり、第1四半期である3月16日にアップデートを実施しました。

発表によると、Bread(BRD)アプリケーションは、4月の第1週からイーサリアムのサポートを開始する予定です。

ただし、ERC-20の機能は、同社のICOに参加したユーザーのみが使用できることになっています。さらに、当チームはこのプロジェクトの成功を祝し、エアドロップを実施する予定です。

BRD ー 分散化され、再構築された銀行

ブレッド(Bread)は、ユーザーに「オタクばりのセキュリティ」を提供するベンチャー企業です。

チームメンバーは、共同設立者のアーロン・ボイシン(Aaron Voisine)、アダム・トレードマン(Adam Traidman)、アーロン・ラッシャー(Aaron Lasher)で構成されています。

ボイシンは、シリコンバレーのベテランであり、トレードマンはエンジェル投資家、ラッシャーはビットコインの初期投資家の一人です。 ライトコイン(Litecoin)の創設者チャーリー・リー(Charlie Lee)は、ビットゴー(BitGo)の共同設立者ベン・デイブンポート(Ben Davenport)と共に引き受ける、プロジェクト顧問の一人です。

しかし、リーはICOに関して助言をしたり、そのチームからBRDを受け取ったりしていないとツイートしていました。

私はBRDの顧問ですが、私はICOに助言をしたり、補償のためのいかなるトークンも受け取っていません。

ブレッドウォレット2018年第1Qのアップデート

ラッシャー氏は、最近のブログ記事で彼らのサポートに忠実な顧客に感謝し、今後の詳細を説明しました。

次のリリースは、4月の第1週目を対象としており、このアプリが、ビットコインビットコインキャッシュのほかに、イーサリアムを完全にサポートする予定です。

4月には、ERC-20トークン機能は、ETHとBRDを保有している現在のベータ版をテストしている人々に​​のみ提供される予定です。我々は、最も忠実なユーザーに感謝し、これらの新機能への初めてのアクセスをこれらのユーザーにしてほしいと考えています。

この追加は、チームがソフトウェアのテストを完了した後、iOSおよびAndroidアプリに組み込まれる予定です。同社は、ユーザーがBRDをハックすることは不可能であるため、資金を「守る」ことを促進します。

トークン所有者は、今月のRewards Waterfallプログラムも楽しむことができる予定です。25,000BRD以上を所有するユーザーは、1か月間、ビットコインの取引手数料を支払う必要はありません。

Bitcoin Wallet BreadWallet is Bringing Ethereum Support, with an Airdrop