ハッキングされた日本の仮想通貨取引所、コインチェックが買収提案を受け入れへ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


苦境に立たされていた仮想通貨取引所コインチェック社は、日本で3番目に大きなオンライン証券会社であるマネックスからの買収提案を受け入れることにきめたと報道されました。

日本経済新聞は、日本の主要オンライン証券会社であるマネックス証券から数十億円相当の出資を含む、買収提案を受け入れると報道しました。

報道によると、この買収を受け入れるという決定は、本日なされ、これは今年1月のNEMトークン5億3000万ドル相当の盗難後の回復に向けた取り組みの中で、経営陣の刷新も含む動きものとなりました。

Monexの仮想通貨業界への参入は、ビットコインのような仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーンが、主要となるオンライン証券業務のコア業務を優れたものにするだろうという予想のもとで行われたものです。

報道は、明日の金曜日に発表される買収内容の詳細とともに、正確な数字や投資方法などが判明するだろうと、付け加えています。

コインチェックの創業者である和田幸一郎氏と大塚裕介最高執行責任者(COO)は、買収の一環としてマネックスから新たな資本が注入された直後に辞任するだろうと見られています。マネックス証券の最高執行責任者(COO)の勝屋俊彦が、コインクチェックの新社長の座に治る予定となっています。オ

ンライン証券会社であるマネックスの社長としての彼の経験は、問題となる仮想通貨取引所を再構築していく上で健全な選択だろう、と報道では付け加えました。

NEMの盗難の影響を受けた顧客に賠償金を配付し始めているコインチェックは、金融庁(FSA)から2つの業務改善命令を受けていました。FSAが、国内の仮想通貨取引所16社にライセンスを発行していますが、コインチェックは未だその中にはいません。

しかし、東京を拠点とする取引所は、マネックスとの契約を精査し、新しい経営陣のもとで業務を検証していき、引き続きFSAへの申請を行なっていく予定です。

Breaking: Hacked Japanese Exchange Coincheck Accepts Takeover Bid