中国の石油大手Sinochemがブロックチェーン技術を使用してガソリンを輸出

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

中国の主要エネルギー、化学品、農業、不動産、金融のプロバイダーであるSinochem Groupが、ブロックチェーン技術を使用したガソリンの輸出を開始しました。

ロイター通信は、Sinochem Groupに300ある子会社の1つであるSinochem Energy Technology Co.が、中国の泉州からシンガポールに製品を輸出すると報告しています。

詳細は明らかにされていませんが、これは「ブロックチェーン技術が重要な輸出取引に使われた初めての例」と報告されています。しかし実際には、これは最初のブロックチェーン出荷ではありません。中東から原油を輸入するために、2017年12月に実施された例があります。

Sinochemは、デジタル船荷証券とスマートコントラクトがどのように20%〜30%の財務コストを削減できるか、ウェブサイトに説明文を掲載しました。

「中国の石油化学業界での取引を可能にするブロックチェーン技術の標準化とプラットフォーム化は、中国の石油化学業界におけるビジネスの透明性を向上させ、業界全体のリスク管理レベルを向上させるのに役立ちます」

ここ数カ月で中国は原油の輸入国となっています。 同国は同時に、石油製品を大量に輸出しています。 したがって、輸出のために費用対効果の高い方法を導入することは、長期的には中国に利益をもたらすでしょう。

デジタル文書によるブロックチェーン取引

ペーパレス取引は以前にも使用されたこともありますが、文書のセキュリティと信頼性が保証されていませんでした。 文書を改ざんから防ぐ唯一の方法は、使用者がアクセスできる分散ネットワークを使用することです。 昨年、DeloitteはDNV GLと提携し、船舶の証明書やその他の製品を追跡することで、クラッカーによる偽造文書を撲滅させました。

今年の初めには、IBMとMaerskが提携し、オフィスや港に対して船積み手続きにブロックチェーンサービスを提供する新しい会社を創設しました。

Chinese Petro Giant Sinochem Exports Gasoline using Blockchain Technology