数十億円:日本の主要証券会社が仮想通貨取引所のコインチェックを救済か

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


日本のオンライン証券会社マネックスは、東京に拠点を置き、少し前に5億3000万ドルのNEMの盗難が発生した仮想通貨取引所である、コインクチェックの買収を検討していると報じられました。

日本の経済誌である日経は、オンライン証券会社のマネックスグループから、仮想通貨取引所のコインチェックの過半数を買収提案をしたことを報道しました。

この提案は、現在に至るまで、最大の仮想通貨取引所のハッキング被害とみなされている、悪名高いハッキングの被害にあってから10週間後のことになります。

日本経済新聞によると、マネックスは、コインクチェックが1月の盗難に伴う法的規制と自らの復旧努力を遵守しようとしていることを示唆しながらも、「数十億円」で買収提案をしているとのことです。

コインチェックは、被害にあった投資家からの訴訟に直面していますが、金融規制当局である金融庁(FSA)からの2つの業務改善命令を受け、大きな打撃を受けていました。

「マネックスとの取引は、コインチェックが規制要件を遵守し、外部サポートなしで事業を再構築することは困難だということを示唆している」と同報道では述べられています。

この報道は、コインチェックが3月中旬にNEMの盗難の影響を受けたユーザーに賠償金を支払う約束をしたにもかかわらず、発生したものです。

マネックス証券の株価は、その報道後、23%以上まで跳ね上がりました。この23%という数値は、東京証券取引所で上場企業の合計時価総額1兆1143億円(10億8000万ドル)を維持する上で、許容された金額の最大値です。

この報告からの抜粋:

「この買収によりマネックスは、コインチェックの顧客基盤と情報システムの上で取引所を再構築することができ、より迅速なる免許取得を可能とするものである。」

このレポートは、マネックスとコインクチェックの両者が、金融庁の買収承認を求めていると付け加えています。成功した場合、現在のコインチェック幹部が辞任すると予想されており、マネックスは独自のマネージメントチームを送り込むだろうと言われています。

Billions of Yen: Major Japanese Brokerage Could Rescue Crypto Exchange Coincheck