メッセージングの巨大企業LINEが韓国にブロックチェーンの子会社を立ち上げ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


日本のソーシャル・メッセージング・プラットフォームのLINEは、LINE PAYで仮想通貨のサービスを提供すると発表してからわずか数カ月で、今度はブロックチェーンの子会社を立ち上げる、と同社は、月曜日に発表しました。

Unblockと呼ばれるこの子会社は、韓国に拠点を置き、ブロックチェーンテクノロジーとそれによるポテンシャルを秘めたアプリケーションを研究する予定です。同サイトの発表によると、この動きは、「ブロックチェーンテクノロジーとLINEのさまざまなサービスを組み合わせることによるイノベーションを通じて、新たな価値を付加し」、メッセージングプラットフォームにこれらのアプリケーションを統合する取り組みの一部です。

また、ZDNetは、このプラットフォームが、韓国、日本、そしてより広い東南アジアの間で仮想通貨マーケットを繋げようとしているように見えると報道しています。

同社のモバイルプラットフォーム子会社であるLINEプラスは、最終的には「トークン経済」をローンチするだろうと発表しました。

このニュースは、以前報道されたように、そのアプリのプロバイダーが、新会社であるLINEファイナンシャル・コーポレーションが仮想通貨のトレードや、保険、ローンプラットフォームとしての機能を提供すると発表してからわずか2カ月が立ったばかりでのものでした。

日本を拠点とするLINEファイナンシャル・コーポレーションも、ブロックチェーンテクノロジーの研究に取り組んでいます。Lineの仮想通貨関連のサービスは、モバイルアプリケーションのLine Payを介して提供されます。

ブロックチェーンと仮想通貨と、それらのテクノロジーをどのようにサービスに統合するかについて、よりよく理解しようとするメッセージング企業は、LINEだけではありません。

韓国のメッセージングプラットフォームであるカカオは、3月初めに同社の新しい仮想通貨トークンを提供する可能性があるとの噂を否定しましたが、3月初頭にそのテクノロジーに対応した新しいアプリケーションを開発する、同種の子会社での取り組みを開始しました。

しかし、おそらく最も驚くべきことは、テレグラム(Telegram)の17億ドルという記録的なICOかもしれません。ロシアに拠点を置くそのメッセージングプラットフォームは、Telegram Open Network(TON)と呼ばれる全域的なブロックチェーンエコシステムを立ち上げることを目指していますが、このプロジェクトの詳細はまだよくわかっていません。

Messaging Giant Line to Launch South Korean Blockchain Subsidiary