「S-Coin」:ソウル市長が韓国の首都向けの仮想通貨立ち上げを計画

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


少なくとももしソウル市長が「Sコイン」の立ち上げに成功すれば、世界の大都市の1つが、すぐに独自の仮想通貨を手に入れる可能性があります。

6月の総選挙で第3期目の市長を狙う朴市長は、韓国の首都圏で「Sコイン(仮称)」が、韓国の首都圏で公的福祉プログラムの資金やプライベートセクターの請負業者への支払いの際に支払い手段として利用されるようになるだろう、とコインデスクに語りました。

コリアタイムズ(Korea Times)紙によると、朴氏は、「ソウルは第4次産業革命を率いる都市の一つだ」と行ったとのことです。「だから、(この都市が)ブロックチェーンのような新しいテクノロジーを研究し、投資するのは自然なことだ」。

朴氏はSコインについて詳しくは触れていませんが、そのイニシアチブは、同市の新しい「ブロックチェーンマスタープラン」の中核部分であり、このもとで韓国のメトロポリスが仮想通貨に関する明確な規制ガイドラインを公表し、発展し続けているブロックチェーンの開発セクターの開拓にパブリックリソースを振り向けるのを見ることになるだろう、と語りました。

朴氏の計画が身を結ぶとそ仮定すれば、ソウルは独自の仮想通貨を採用する都市の中で、一番大きな都市になります。しかし、最初の年にはならないかもしれません。

ドバイでは、公的債務と民間債務の両方について合法的に入札する「emCash」と呼ばれるブロックチェーンベースのデジタル通貨を開発していると伝えられています。

カリフォルニア州バークレーを含むいくつかの小規模な都市でも、地方債をトークン化した仮想通貨を使用し、流通させています。

また、各国政府は、仮想通貨とブロックチェーンを現在の法定通貨のデジタル化を成し遂げる潜在的なソリューションとなり得るものとして、注目し始めています。

ベネズエラは、1月にICOを通じて、NEMベースの仮想通貨「ペトロ」を配布し始めました。一部のアナリストは依然としてペトロが実際に存在するかどうか疑問視していますが、同国は、米国の経済制裁を回避するツールとしてこのトークンが発行しており、同様の理由でロシア、トルコ、イランなど他の国々も国がバックアップする仮想通貨の発行を検討しています。

さらに最近では、マーシャル諸島が、非合法な目的としてではなく、米ドルへの依存を段階的に廃止する仮想通貨をローンチする法案が通過しました。

‘S-Coin’: Seoul Mayor Floats Launching Cryptocurrency for South Korea’s Capital City