投資家曰く:暗号通貨に参入する銀行(ゴールドマン・サックス)がビットコイン価格の急騰につながる

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ビットコイン財団の共同創設者でVISAの重役でもあるJon Matonis氏は、ゴールドマン・サックスのような主要銀行や金融機関の参入によりビットコインの流動性が高まり、究極的にはビットコイン価格の上昇につながる、と述べた。

「新たな流動性がもたらされるので、大銀行の参入は素晴らしいことだと思う。大銀行の参入により先物市場やオプション取引市場が発展し、ビットコイン関連の金利市場が開始されようともしている。かつてはLiborのことをよく耳にしたが、ビットコインの金利インデックスはBiborと呼ばれることになるだろう」

Matonis氏はこのように述べた。

銀行はいつ参入するのか?

暗号通貨市場は上昇、下降ともに非常に変動しやすい状況にある。その主な理由の一つが流動性の欠如だ。ビットコインなどの主要な暗号通貨の日々の取引量は、1月に一時的に反発した後は、ビットコイン価格の下落と相まって大幅に減少している。

ビットコインの日々の取引量が大幅に落ち込んでいることで、先物市場に熱心な人や機関投資家が市場を操作することができるようになっているが、これは過去数ヶ月間の相関のある値動きを示してきた理由の一つになっている。

最近、シカゴ・オプション取引所(Cboe)はアメリカ証券取引委員会(SEC)に対し、Nasdaqやニューヨーク証券取引所のようなアメリカの株式市場でのビットコインの上場投資信託(ETFs)を許可することを提案した。ゴールドマン・サックスのような巨大金融機関が参入することで、より多くの機関投資家や個人投資家が暗号通貨市場に参加することになるだろう。

現時点ではアメリカ国内の機関投資家からの要求は比較的高いが、金融業界からの実際の資本の流入はほとんど無きに等しい。しかし日本では機関投資家は、個人投資家向けの取引所を通じて暗号通貨に多額の投資を行っている。

Matonis氏はさらに、ビットコインをバブルだと言う懐疑論者に対し、ビットコインはバブルではなく、世界的な金融バブルを割るピンのようなものだ、と力説した。彼は株式市場と債券市場は数兆ドルのバブルにあるが中期的には崩壊するだろう、と述べた。

「ビットコインがバブルだという人に、私はビットコインはバブルを割るピンだと言いたい。このバブルは中央銀行が下支えする常軌を逸した債券市場とニセの株式市場のことだ。どちらの市場もバブルだ」

Matonis氏はこのように付け加えた。

しかし主要な金融機関がいつ市場に参入する準備が整うのかは不明だ。批判的にいえば過去数ヶ月間の暗号通貨市場の印象は、特に韓国のような地域の主要メディアから、ギャンブル経済圏のようだと表現されてきた。市場が短期的に回復し、ビットコインのような暗号通貨が史上最高値をつけたとしたら、銀行は市場が成長することを要求する声に対処する準備をするだろう。

ベア・サイクル

ベア・サイクルまたは下落局面では、暗号通貨開発の第一線に立とうとしない限り、金融機関は市場参入を急がないだろう。主要銀行が暗号通貨業界に参入するまでに少なくとも数ヶ月はかかると見られる。しかし参入した暁には暗号通貨市場はかなりの流動性と金融商品を備えることになるだろう。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

Investor: Banks [Goldman Sachs] Entering Crypto Will Lead to Bitcoin Price Surge