ロシアのガスプロム銀行、仮想通貨サービスをテスト

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


ロシア第3位の国有銀行は、裕福な顧客に仮想通貨の取引を望んでいると、ある関係者は述べました。

ガズプロム銀行副会長のアレクサンダー・ソボル(Alexander Sobol)氏は、計画段階の初期にもかかわらず、今年、パイロットプログラムを開始する可能性があると述べました。

このように、ガズプロム銀行自体が仮想通貨に投資するのか、それとそのクライアントに仮想通貨の取引を許すのかどうかは、いまだ詳細にはわかっていません。ロシアの日刊紙ベドモスチ(edomosti)によると、ソボル氏は、彼のチームは「その状況を積極的に把握しようとしている」と述べたとのことです。

ソボールは続けて言いました:

「パイロット」は壮大な規模ではなく、[個人]のためである。そのようなサービスに対し、規模の大きなプライベートクライアントからの需要がある。そのため、我々はどのようにしてこのサービスを組織化することができるのか検討している。

もしパイロットプログラムが行われるとするならば、スイスの子会社を通じて、スイスの比較的許容される規制環境を利用して行われると、彼は述べました。銀行は既に仮想通貨を研究し始めています。

仮想通貨は現在ロシアでは規制されていませんが、すぐに変更される可能性があります。これまでに報告されているように、ロシアのプーチン大統領は国会に7月1日までに仮想通貨の法制化の決議を取るよう求めました。議会は、ICOや仮想通貨空間やその他の側面を制限する2つの法案を検討しています。

両国政府は、中央銀行と財務省との間で、仮想通貨をどのように定義するかについて、当初、意見の不一致がありましたが、両当局は、中央銀行の主張を優先することに同意しました。

Report: Russia’s Gazprombank to Test Cryptocurrency Service