ロビンフッドがアメリカの4州で手数料無料の仮想通貨取引を開始

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

投資家は、米国の一握りの州でビットコインイーサリアムを無料で取引できるようになりました。

カリフォルニア州パロアルトのオンライン証券会社ロビンフッド・ファイナンシャル(Robinhood Financial)は、以前から約束してきたように、カリフォルニア州、マサチューセッツ州、ミズーリ州、モンタナ州で、ビットコインとイーサリアムの手数料無料取引を開始した、とツイッターで発表しました。

CCNがこれまで報道してきたように、ユーザーは引き続き、基盤となる取引所によって請求される手数料については、責任を負うことになります。しかし、利用者は資金への迅速なアクセスを打ち破ることはできません。

ツイッター上で、未だそのサイトにアクセスできない、ロールアウト状態のフォロワーによって明らかにされたように、ロビンフッド・クリプト(Robinhood Crypto)の立ち上げに何らかの不具合があったかもしれません。一方で、仮想通貨に加えて、株式やオプション、ETF取引をサポートするアプリが魅力的なように働いていると述べる人もいます。

「手数料無料のBitcoin(BTC)とEthereum(ETH)の取引が開始され、カリフォルニア、マサチューセッツ、ミズーリ州、モンタナ州の投資家が利用できるようになりました。さらなるアップデートを乞うご期待!」

ロビンフッド・クリプトの拡大は、アメリカを基盤とする取引所、コインベースを含む、投資家が選択しなければならない、数百のビットコイン取引所間のさらなる競争を引き起こすものであり、それは先進的なプラットフォーム間での争いであり、2,000万人以上のユーザーと1500億ドル以上の取引規模を誇ります。コインベースの米国取引手数料は1.5%から4%です。

ロビンフッドは、手数料から収益を生み出すのではなく、ユーザーアカウントで発生した利益と、より高額な即時デポジット金額やトレード用の借り入れ資金へのアクセスなど特典が受けられる、ロビンフッド・ゴールド会員(Robinhood Gold)といった、サブスクリプション型のユーザー会員の階層モデルと手数料を繋いだビジネスモデルに頼っています。

ロビンフッドは、仮想通貨に100%専念するわけではなく、株式市場への投資もサポートしています。しかし、仮想通貨の前でさえ、ロビンフッドのアプローチは、投資に関連する多額の手数料を減らしていくことであったので、ウェブサイトのように、仲介手引やツールから利益を得ています。

より多くの州、より多くのアルトコイン

ロビンフッドのツイッターのフォロワーは、フロリダのような他の州の投資家に対して、いつそのプラットフォームが開かれるか、やより多くのアルトコインをいつ追加するかについて、即座に尋ねました。しかし、1週間で100万人以上の投資家がこの時に登録され、何百万もの人がまだ待機リストに記載されていることを考えると、ロビンフッドは多くの米国のトレーダーのためにその日を作リ出したと言えます。

ロビンフッド・クリプトも、ニューハンプシャーに到着すると予想されていましたが、ロビンフッドは、この展開は「段階的」で、「もっと多くの州で仮想通貨の取引機能をリリースする予定」と付け加えました。現在、AndroidとiOSで利用できます。

作法:ロビンフッドのウェブサイト

トレーダーはBTCとETHを取引することに限られていますが、12以上のAltcoのデータにアクセスすることができます。ロビンフッド・クリプトは、預金や株式売却を通じた資金への「即時アクセス」のような機能を提供しています。これは、トレーダーが気に入っている合理的なアプローチで、他のプラットフォームに資金が到着するのを待つ必要がありません。

Robinhood Launches Commission-Free Crypto Trading in 4 US States