米国証取委、詐欺容疑でメイウェザーが関わったICOを停止

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

月曜日の夜、米国証券取引委員会(SEC)はボクシングチャンピオンのメイウェザーが関わった新規仮想通貨公開を中止し、彼が「不正な新規仮想通貨公開を目論んだ」として告発を行った。

当局は、セントラ・テック(Centra Tech)社の共同設立者であるソンハブ・シャルマ(Sohrab Sharma)とロバート・ファルカス(Robert Farkas)に対し、「未登録証券」を売却して3,200万ドルを調達した後に詐欺罪により告発したと発表した。

ICOのスタートアップ企業は、この資金がビザカード(Visa)とマスターカード(Mastercard)に裏付けられた金融商品の開発資金になる予定だと主張したが、セントラはいずれのカード決済会社とも関係がないとSECは述べた。当局はさらに、シャルマとファルカスは架空の役員を含む虚偽のマーケティング資料を作成したと述べた。

特にSECは、このICO創業者がICOを宣伝するために有名人に金銭を支払ったと主張している。これらの有名人は、2017年9月にセントラを支持したボクシングチャンピオンのフロイド・メイウェザー(Floyd Mayweather)を含むものと思われるが、現在は彼のインスタグラム(Instagram)の投稿は削除されている。

プレスリリースでは、SEC Division of Enforcementの共同ディレクタースティーブ・ペイキン(Steve Peikin)は次のように述べている。

「容疑によると、被告はICOの売り込みのために有名人のネームバリューとSNSの影響力に過度に依存している。有名人の推薦と派手なマーケティングツールでもって、投資家への情報提供やSECの登録と情報開示の代用になるわけではない」

セントラとその共同創業者は、被告人として2017年12月に集団訴訟を起こされたが、訴訟人によるとセントラ(CTR)トークンは実際には未登録証券であるとのことだ。

SECは、シャルマとファルカスの両名が法執行官によって逮捕され、告発されたと述べた。

SEC Halts Mayweather-Backed ICO Over Alleged Fraud