タイで仮想通貨の税制改革がまた一歩近づく

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


タイは、仮想通貨の税制改革に一歩近づきました。

日経アセット・マネジメント(Nikkei Asian Review)の報告によると、同国で仮想通を取引する投資家は、あらゆる取引について7%の付加価値税(VAT)に加えてキャピタルゲインに対して15%の税金が課される見通しです。

この動きは、タイ政府の行政府であるタイ内閣が過去に通過させた2つの法令に続き、タイの仮想通貨を規制する取り組みの中で最も新しいものです。これまでに報告されているように、2つの法案のうちの1つは、マネーロンダリングと租税回避を防ぐ取り組みの中で、仮想通貨への課税に関する規制を特にその標的とするものでした。

タイのローカルメディア・アウトレットであるバンコクポスト(Bangkok Post)によると、最初の法案の通過後、この草案は、さらに先週の火曜日の内閣の最終承認の前に、立法問題に関するタイの首相に報道する諮問機関である国務院によってさらに検討されていました。

個人投資家は、法律が施行された後に仮想通貨取引所を介して取引した場合、付加価値税を先伸ばすことになる可能性があるが、仮想通貨取引によるキャピタルゲインがなければ、負債を抱えることにもなるだろうと、バンコクポストは報じています。

その報道ではまた、法案が現在ロイヤル・ガゼットの公表を待っているとし、その後公式に制定されると述べました。

これとは別に、タイの財務省と証券取引委員会は、証券の規制当局によって実施される規則を求めたパブリックな協議に続いて、潜在的な取引所、ブローカー、ディーラーが関係当局に登録する必要のある有機的法律を策定しようとしています。

Thailand Inches Closer to Cryptocurrency Taxation