カザフスタンは、マネーロンダリングを懸念して、仮想通貨を注視する可能性も

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


カザフスタン国立銀行は、バーチャル通貨が詐欺、マネーロンダリング、脱税に適した手段であるとして、仮想通貨の使用、取引、マイニングの禁止を検討しています。

カザフスタン国営銀行のダニヤール・アキシェフ(Daniyar Akishev)会長は、「カザフスタンの中央銀行は、この問題に関して非常に慎重なアプローチを取っており、厳しい制限を歓迎する」と述べました。

アキシェフ氏は次のように続けました。

「我々は、国内通貨のデジタル通貨への取引を禁止したい。われわれはこの分野での株式取引や、あらゆるタイプのマイニングも禁止したい」

アキシェフ氏は、国立銀行が国民を詐欺から守るための禁止を検討していると述べました。「デジタル通貨は、マネーロンダリングと脱税に適した手段である。」と述べました。

アキシェフ氏は、国境を越えた取引については、カザフスタン国民が仮想通貨を取引するかどうかを監督当局がコントロールすることはできないと認めたが、中央アジアの国境の内で、仮想通貨のマイニングは禁止することができます。

「我々は、国内市場に関連するリスクを最小限に抑える。しかし、どの中央銀行も、越境マーケットの中でこのマーケットを支配するすべての金融商品を中央銀行が管理するための手段は持ち合わせていない。したがって、少なくとも、我々はこのリスクを国内通貨で回避する必要がある。」

カザフスタンの厳しいアンチ仮想通貨の姿勢は、ロシア政府の同様の動きに続くものです。3月初め、ロシア財務省は、ロシアのルーブルを守る必要性を理由に、金銭代替物としてのデジタル通貨の使用を犯罪とする法律を起草しました。

ロシア:仮想通貨はルーブルに代わるものではない

ロシアの副大蔵大臣、アレクセイ・モイゼフ(Alexei Moiseev)氏は、ロシア開発対外経済銀行(Vnesheconombank)の会議でこの発話を行いました。

ロシア銀行のエルビラ・ナビウリナ(Elvira Nabiullina)総裁は、ロシア財務省は、仮想通貨の使用を「私的なお金とお金の代理人として」反対すると述べました。

これは、ルーブルをロシアで単一の法的支払い手段として保護するために必要なことである。ルーブルがあり、それ以外のものは代替物に過ぎない」

ウラジミールプーチン大統領は、7月までに仮想通貨への規制が実施されると述べました。ロシア政府は、中央銀行の支援を受けていない仮想通貨に関する懸念を表明してきましたが、米国の経済制裁を回避するため、クリプトルーブルという独自のデジタル通貨をローンチする予定です。

プーチン大統領は、2017年10月に、貨幣の流出やその他の違法行為に悪用される可能性があると仮想通貨を批判しました。しかしプーチン大統領は、他の国々で仮想通貨が「十分な手段」となっていること、あるいはすでに投資手段となっていることを認めてもいます。

多くのBitcoinエバンジェリストは実際に不正な活動を根絶し、現在規制されていない仮想通貨のエコシステムを正当化するのを助けると述べ、詐欺や詐欺の規制を十分に歓迎しています。

Kazakhstan May Ban Cryptocurrencies Citing Money-Laundering Concerns