TD銀行が資産追跡のために、パブリックブロックチェーンの導入を検討

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


カナダ最大の銀行の1つは、デジタルに資産を追跡するためにパブリックブロックチェーンの使用を検討している可能性があります。

木曜日に公開された特許出願では、TDバンクは、販売時点の管理コンピュータが取引をトラッキングするのをサポートするために、パブリックな分散型台帳を使用する方法を説明していました。このスキームでは、コンピュータは、販売される資産、所与の通貨におけるその価値、およびトランザクション自体に関する情報が格納されるデータのブロックを作成します。

これは2016年9月に提出されたものですが、銀行が適用よりもアイデアを追求しているかどうかはわかっていません。しかし、大きな銀行のブロックチェーンワークは、一般的に私的または許可された台帳に限定されているので(それは変わりつつあるのかもしれませんが)、興味深い兆候ではあります。

ソフトウェアを実行している個人がトランザクションを正常に承認することができる公的なブロックチェーンについては大きな賞賛が寄せられています。

「ブロックチェーンベースの台帳の利点の1つは、誰もが公開されている台帳の内容を見直して所有権を確認することを可能にする、ブロックチェーンアーキテクチャの最も一般的な性質です。」

さらに、このような台帳は誰でもトランザクションが発生したことを確認できるようになり、分散プラットフォームを使用することで冗長性が増し、「元帳の改ざんリスクを最小限に抑える」ことができます。

他の部分で、この特許出願では、このようなシステムの速度の遅さについてもコメントされており、TD銀行が他の機関によって不利益なものとして扱われているブロックチェーンシステムの属性に慣れてきている可能性を示唆しています。

TD Bank Considers Public Blockchain for Asset Tracking