10のテイクアウェイ:G20での仮想通貨関連のサマリー

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


先週、アルゼンチンのブエノスアイレスで、20か国・地域首脳会合(G20首脳会合)が開催されました。仮想通貨の規制は、多国間グループワークによって議論された主要トピックの1つでした。

アルゼンチンで議論されたあらゆることの重要さは、世界中の仮想通貨市場に影響を与える可能性があります。主なメッセージは次のとおりです。「我々は、マーケットを禁止するのではなく、規制する。」非常にポジティブなニュースは、中国、アメリカ、日本などのグループがどのようにしてこの問題に対処するかについて、一致点を見ていないことです。

CCNは、クリプトモエダス・ファシル(CriptomoedasFácil)とのパートナーシップに基づき、この会合中に議論された主なポイントを要約しました。7月には、規制に関する最初の具体的な提案が提示されるはずであり、世界中の主要な投資家や機関マーケットへの道を切り開き、ビットコインなどの仮想通貨に制度的な正当性をもたらすというテーマを全体的に発展させていくことが重要です。

1. 仮想通貨/ブロックチェーンは、国によって採用されるべき

G20の参加者は、仮想通貨が今日、経済システムの限界にいる人々を押し上げる力を持っていることを認識しています。さらに、G20の参加者は、(スペインの財務大臣によれば)福祉政策を拡大する点で、ブロックチェーンや仮想通貨が政府を支援するものになるということを理解しています。

2.各国は伝統的な経済の崩壊を認識している

大臣たちはまた、伝統的な経済が移行過程に入っており、デジタル時代を経済から切り離すことはもはや不可能であることに同意し、認識を共有しました。

3.規制は避けられない

規制は避けられないプロセスであり、経済はデジタルであるにもかかわらず、市民は現実であり、ビジネス同様、国家の中に組み込まれているため、他のタイプのビジネスと同様に規制を課す必要があります。

4.規制するが、禁止しない

G20メンバーは、仮想通貨は重要なものであり、経済と社会組織の革新を象徴しているので、禁止することはできないが、規制プロセスは経なければならないと全会一致で合意しました。

5.規制が技術革新を妨げることはないが、課税はほぼ確実である

規制プロセスは非常に慎重に扱われ、その結果技術の発展を阻害する厳しい規則が課せられないことは明らかです。ただし、手続きのさまざまな部分で発生する可能性のある手数料の規制の適用は、実際上確実なものです。

6.最初の規制案が7月に発表される

中央銀行総裁、FAF(Financial Action Task Force)、経済協力開発機構(OECD)がG20の規制案の構築を担当します。規制に関する最初の実践的な提案は、今年7月に第3回財務大臣・中央銀行総裁会議で発表される予定です。

7.犯罪の防止

規制案は、主に、テロ組織への資金拠出、通貨の回避、マネーロンダリング、消費者保護などの不正行為の防止に重点を置区予定となっています。つまり、詐欺行為がICOや仮想通貨プロジェクトなどを通じて行われることを防止しようとするものです。

8.トラッキングとKYC

どのようにして、またはどこから来たのか、どこに行くのかを特定することが可能になるように、仮想通貨のアクティビティを追跡またはタグ付けする方法やコンセンサスはまだありません。しかし、議論では、KYCとデジタルアイデンティティの基準が重要なポイントになると思われます。

9.欧州はG20の枠組みの外でプロセスをリードしたい

欧州は仮想通貨規制のプロセスをリードするつもりですが、7月までG20のポジションを待つことはできないでしょう。大陸諸国のグループは、この問題について話し合うためのワーキンググループを立ち上げ、G20の前にも欧州のための実用的な規範を実施したいと考えています。

10.自己規制

この議題は、公式会議では伝えられていないにもかかわらず、その背景には、日本、プエルトリコ、米国での自主規制プロセスが高く評価されており、結局のところ主要議題に上がる可能性があります。

10 Takeaways: A Cryptocurrency Summary from G20