ウエストバージニアがブロックチェーン・モバイル投票を実装する最初の州に

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


ウェストバージニア州は、票を投じることができない兵士のため、安全な軍用モバイル投票ソリューションをテストしています。ウエストバージニア州は、連邦選挙でブロックチェーンによるモバイル投票をテストする最初の州になります。

マク・ワーナー(Mac Warner)国務長官は、5月8日の連邦議会予備選挙のための安全な軍用モバイル投票ソリューションの開始を宣言しました。これはパイロットプロジェクトであり、最初はハリソン郡とモノンガリア郡という2つの郡に限定されます。

この動きにより、2018年3月23日金曜日から2018年5月8日の第1次選挙日に投票が終了する時点まで、新しいシステムを使用して軍の有権者に投票権を与えることができます。投票は通常のAppleまたはAndroidスマートフォンで利用でき、承認された州または連邦政府のIDを必要とします。

この冒険的プロジェクトの目的は、現時点で利用可能なモバイル投票システムを反駁できず、簡単で、安全かつオープンな軍用モバイル投票ソリューションを提供することです。ハリソン郡とモノンガリア郡の国籍を持つ軍の有権者には、最初は制約があります。いずれにしても、このパイロットプロジェクトが有用なものであると示されれば、ウエストバージニア州は11月の総選挙でこのプログラムを55の群にまで拡張する予定です。

このパイロットベンチャーは、米国では初めてのものです。ワーナー国務長官は声明の中で、「ウェストバージニアは、あらゆるレベルで有権者の参加を促すため、安全で安心、正確な投票システムを提供する領域で、最前線に立っている」と述べました。

ワーナー国務長官は、2016年の大統領選挙で新たな選挙監視制度が導入されたことを受け、「我々は、選挙プロセスに市民が抱く信頼のレベルを引き当ていくよう努力している。信頼の向上は投票率の増加をもたらしますだろう。」

この安全な軍用ポータブル投票パイロットベンチャーは、ウェストバージニア州当局、ボーツ(Voatz)、タスク/モントゴメリー・フィランソロピー(Tusk / Montgomery Philanthropies)、ニュー・アメリカ(New America)とブロックチェーン・トラスト・アクセラレーター(Blockchain Trust Accelerator)のジョイントベンチャーとなります。

ボーツは、多彩な投票方法を企画する唯一のサプライヤーであり、ボストンのマサチューセッツ州にある革新的なスタートアップ企業です。その創造的かつ非常に安全なモバイル投票は、タウンミーティングでの投票や参加型の予算投票など、いくつかのパイロットプロジェクトを含む、数多くの選挙で、7万人以上の有権者が利用してきました。

ボーツアプリは、簡単で使いやすいインターフェイスながら最先端のセキュリティを提供し、有権者が自由かつオープンな方法で自身の声を投票に反映できるようにします。

誰もまだこのプログラムを成功したとはみなしていません。プログラムを利用するには、2つの郡の軍関係の有権者が、一意の非従業員ステータスを申請し、保護されたアプリケーションをAppleまたはAndroidのスマートフォンまたはタブレットにダウンロードする必要があります。

West Virginia Becomes First state to Implement Blockchain Mobile Voting Solution