ジョンマカフィーのビットコインへの1億ドルの投資が大きな技術的課題の突破口に

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

風変わりなサイバーセキュリティのパイオニアであり、長年にわたる暗号通貨ビジネスの申し子であるジョン・マカフィー(John McAfee)氏は、ビットコインの価格が2020年中頃までに100万ドルに達するという巨大な技術的ハードルを打ち破ったばかりだ。

木曜日、マカフィーの野心的な予測と比較してビットコインの市場価格を示す「マカフィー・ビットコイン・価格予測トラッカー(McAfee Bitcoin Price Prediction Tracker)」では、予測された上昇トレンドを2%以上を下回った。

ビットコインの市場価格

情報元サイト:https://fnordprefect.de/

これは、ビットコイン価格の堅調な成長トレンドラインを下回るという強気な賭けをマカフィーが行って以来初めてのようで、マカフィーが賭けに負けて厳しい結果に直面していることを示している。

こうした結果は、マカフィーの忍耐できるレベルを超えてしまっているかもしれない。

CCNが報道したように、マカフィーは2017年7月に最初にこのゲームに参入した時、ビットコインの市場価格が当時の1,800ドルから3年以内に50万ドルに達するだろうと予測した。

「もしそうならなかったら、私はテレビ出演して自分の『あそこ』を食って見せるさ」とマカフィー氏は公言した。

そののち12月に彼は、ビットコインが同じ時間帯の中で100万ドルに達すると明言した。

「2020年末までにビットコインの市場価格を50万ドルと予測したとき、2017年末当時に5,000ドルの予測値を算出したのと同じモデルを使った。ビットコイン(BTC)の上昇トレンドのスピードは私のモデルの想定よりもはるかに上を行っていた」と彼は語った。

僕の予測が間違っていたら、ちゃんとあの約束は実行するよ

それ以来、ビットコインは、約20,000ドルのピークから現在の7,493ドルの値まで落ち込んでいる。

それにもかかわらず、元MGTキャピタル幹部は、最近の市場価格の落ち込みにもあきらめてはいない。先月、彼はこれが「絶対に負けることのできない」賭けであると主張し、「負けはありえない!!!」と、自分の言葉に責任を持つことをツイートした。

もちろん、この予測トラッカーは、ビットコインが賭けの過程で着実に上昇することを意味している。明らかに、市場はこの通りには動かないため、ビットコインの価格がわずかに下がったという事実は、マカフィー(またはそのメンバー)にとって必ずしも致命的なものではない。

しかし、トレンドラインは1日あたり約0.48%までの利率で評価され、この成長トレンドは急速に複合化すると思われる。ビットコインがもっと長い期間、最近のような忍耐の必要な局面にとどまっていれば、自然とそれを補い元のトレンドに戻すような基盤が整ってくるだろう。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

John McAfee’s $1 Million Bitcoin Price Bet Just Hit a Major Technical Hurdle