報道:2つの暗号通貨取引所が業務停止へ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

日本では、2つの暗号通貨取引所が、5億ドル盗難の結果として規制当局からの厳しい監視が続く中で業務停止の方向へ向かうと報道された。

日本経済新聞によると、ミスター・エクスチェンジ(Mr. Exchange)と東京ゲートウェイ(Tokyo GateWay)の2つの取引所が、日本の金融庁(FSA)に事前に提出した国内顧客向けサービス開始の許可申請を撤回した。

ミスター・エクスチェンジは3月8日に、1月下旬にコインチェックに対する攻撃の結果を受けて内部プロトコルを強化するよう要求されたと発表したが、どちらの取引所からも公式声明は発表されていない。この事件で盗まれた暗号通貨NEMトークンは、金額にして約5億3,300万ドル相当にのぼる。

日経の報道によると、暗号通貨利用者の資金が回収されるかまたは返還されるまで、閉鎖は行われないとのことだ。

しかし、今月初めになって、日本の規制当局は急遽、FSHOとビット・ステーション(Bit Station)のセキュリティ上の欠陥を理由に2つの暗号化交換を停止した。日経によれば、ビット・ステーションは、ライム(Raimu)とビット・エクスプレス(bitExpress)という2つの他社と同様に、当局への申請を撤回している。

日経の報道では、「金融庁がいくつかの取引所に指導を行う前に自発的に閉鎖する機会を与えているので、さらに多くの取引所がこの動きに同調するだろう」と付け加えられた。

日本の暗号通貨取引所は、昨年3月に施行された法律によって義務付けられているように、金融庁に登録する必要がある。現在まで数多くの取引所がライセンスを受けているが、当局はコインチェックへの攻撃の社会に対する影響を省みて、業界の監督を強化した。

Report: Two Japanese Crypto Exchanges to Shut Down