大学生、仮想通貨投資に資金を投じるためにローンを使用し始める

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

3月22日、学生ローンにおける研究によると思わず眉をひそめるような驚くべき報告が発表された。学生ローンを利用する大学生1000人を対象にした調査において、

あなたはビットコインのような仮想通貨投資するために、学生ローンのお金を使ったことがありますか?

結果として、あると答えたのは約21.2%と驚異的な数値であった。

調査で使用された方法論の詳細は比較的曖昧であり、かつその一部が現実的に結果として示すことができるかどうかに疑問が残されているが、これらの驚くべき結果が得られたことは事実である。

しかし、このグループの5分の1(900万人以上)が”学生ローンを仮想通貨に投資している可能性はあるか?”という質問に対して、”可能ではあるが、可能性はない。”としており、この数字を信頼できるものとみなす前に、より多くのデータが必要である。

そう言われれば、人口統計学を詳しく調べれば、始めの分析にいくつかの新たな可能性が見られるかもしれない。そして、これらの学生はおそらくミレニアル世代になるかもしれない。大学生の平均年齢は約24歳で、60%が勉強を支援するためにお金を借りているのである。

過去4ヶ月間、仮想通貨市場もいろいろと変わってきている。ニッチな投資ツールがたちまち正当な金融プラットフォームとして浮上し、すぐに広範囲に渡り影響を与えてきている。 12月に起こったバブルでは膨大なお金が使われ、ほとんどの人はそのことを知っていた。

いわゆる”伝統的”投資の衰退

最近の傾向では、ミレニアル世代の人々がより伝統的な投資手段から逃れているという。 2016年にBankrate社はXers世代(38-53歳)の51%、ベビーブーマー(54-75歳)の48%と比較して、ミレニアル世代のわずか31%が株式市場に投資したとの調査結果を発表した。

2008年の金融危機においては、かなり長期的な影響を受け続け、これまであった伝統的な金融投資に対して巨大な疑念と不満を抱かせている。むしろミレニアル世代の人々は株式市場の長期安定性を依然として信じておらず、比較的脆弱な短期報酬の返還として大きなリスクと見ている。さらに、ミレニアル世代の人々は、長期的かつ低リスクの投資のための資本や忍耐が欠けているという。

その他の現代的思想が主導権を握っていることは、今では当たり前のこととなっている。今月初め、韓国金融投資保護基金は、20代の若者のうち22.7%が仮想通貨を購入したことを認めたという調査結果を発表している。 12月に起こったバブルの前でさえ、インジケータによると、仮想通貨市場におけるミレニアル世代の関心は急速なペースで拡大しており、この傾向は過去数ヶ月で悪化している。

これをふまえると、学期終盤に数百ドルほど残している大学生が、新しくより簡単で、かつ遠くない未来に大きな利益をもたらすであろう投資にチャンスがあると想像するのは、難しいことではない。

学生ローンは、ほとんどの人が40代まで付き合っていかなければならない厳しい戦いとなっている。仮想通貨市場の不安定さは面白みがあり、良いか悪いかにかかわらず、その潜在性は「通貨」と新しい金融界への重要なキーとしてだけでなく、チャンスとしてもそれを見るあらゆる世代の注目を集めている。

この調査およびその他の調査は科学的ではないが、金融景観の変化が起こっているという早期指標である。彼らは時価総額の大部分を占めているとは言えないが、ミレニアル世代は全体の仮想通貨投資家の最大部分を構成していると言っても過言ではない。地方分権化された世界に対する熱意が強まっていることから、従来の金融機関に対する条例は、今後も増え続けることはほぼ確実と言えるだろう。

Students Use Loans to Fund Cryptocurrency Investment: Study