ビットコインとイーサリアムが衰退、仮想通貨市場が300億ドル後退

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

過去1週間で、仮想通貨市場とビットコインは、3000億ドル域で一貫して変動し、2兆8000億ドルから3,500億ドルの範囲で上下している状況だ。市場は3月中、この範囲内で動きを見せている。

連続するボラティリティ

仮想通貨市場は、強力かつ短期的な回復兆候を出すことに苦戦を強いられている。アナリストたちは、強気な短〜中期的なラリーを始めるために11,000ドルという数値をを示している。その一方で、3月中に市場は勢いを維持できず、日々の取引高が低迷しており、今後も変動する可能性が高い。

過去10日間の仮想通貨市場のパフォーマンスに関する興味深い側面としては、以前のレベルから落ちたり上がったりしていないことであり、2,800億ドルから3,500億ドルの範囲で絶えず上下している。

Ontologyや0xなどのいくつかの代替的な仮想通貨は、短期的結果として、とある日においては主要仮想通貨を上回っているという。しかし過去1週間、BitcoinEthereumRippleBitcoin CashEOSCardanoのような主要仮想通貨の影響で、市場全体が大きく上下している。

3月28日、ビットコインは、15分間のキャンドルチャートに示すように、売り上げが好調に推移している。 価格は8,200ドルでピークに達したが、そのレベルを維持するのには苦戦しており、7,850ドルに戻る前に7,750ドルに落ちている。現在のトレンドに基づいて、主要取引所全体で買い高が大幅に増加しない限り、9,000ドル域に戻ることはほとんどないだろう。

マスコミがTwitterなどのニュースで市場の動きを正当化しようとしているが、潜在的には市場と関係のないニュースにおいては、仮想通貨市場すべての価格動向を正当化することは論理的ではない。 同市場とその中の数百の仮想通貨は、同様のパターンでアップダウンをしている。

仮想通貨市場に影響を与えたのが、ニュースやある特定の事象だった場合、その事象が発生した直後に市場が落ちたり回復していたはずである。しかし、ドロップやリカバリは、仮想通貨広告を禁止するソーシャルメディアプラットフォームなどのニュースと関連していたという。

今後の仮想通貨市場の勢い

仮想通貨市場は、過去数ヶ月間で価格と勢いに欠けていた。一部のアナリストは、市場が世界市場で最も影響力のある通貨であるビットコインの、これまでの3番目のリカバリーである72%から回復することは、非常に難しいと述べている。

大規模なリカバリーを経て、資産や市場と同様に、仮想通貨市場が何ヶ月にも渡り崩壊していく可能性があることを認識することが重要である。主要取引所の現在の取引高は、市場が短期間に回復する可能性が低いことを示している。大量の買い注文が急増し、市場が回復し始めるまで、市場は今後数週間に渡り大きく変動する可能性が高い。

Cryptocurrency Market Retreats $300 Billion as Bitcoin and Ethereum Decline