イギリス政府の大臣が「釣り合った」仮想通貨規制を求める

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


英国のジョン・グレン(John Glen)大臣は、木曜日に財務省の国際的なフィンテック会議で記者団に対し、「釣り合った」規制が、地場の仮想通貨産業を大きく促進させる可能性があると述べました。

ビジネスインサイダー(Business Insider)によれば、グレン氏はコメントの中で、政府はまだ正確な表現や適切な規制レベルを見つけようとしている、と述べています。大臣は続けて言いました。

「規制は、ロンドンという都市の中で、安定し、繁栄した仮想通貨取引を可能にするだろう。」

とりわけ、大臣は、現在の仮想通貨の取引および関連する活動のレベルが「英国経済に重大なリスクをもたらさない」ということを認めています。

同じ日、フィリップ・ハモンド財務大臣は、規制当局、イングランド銀行と財務省の代表を含めた、新しい「仮想通貨タスクフォース」の設立を発表しました。英国のブロックチェーン産業のための新しい法的基盤が一つに統合されていく可能性があります。

今月初め、英国の仮想通貨取引所、コインフローアEX(CoinfloorEX)は、4月にビットコインの先物取引を開始すると発表しました。ロンドンはブロックチェーンのプロジェクトや新興企業に恵まれていますが、これまでのところ最も人気のある取引所は米国やアジアの国にあります。

グレン氏は、法的な明快さのもとで地域のイノベーションを促進しようとする前に、慎重な措置を講じることの重要性を強調し、次のように言いました。

「私は、我々は政府として行動する前に、それを評価するための、恐れるのではなく、現在の状況に釣り合った、適切な措置を講じることが適切だと考える。」

UK Government Minister Calls for ‘Proportionate’ Crypto Rules