米国財務省、ビットコインに興味を示す政府機関にアドバイスを提供

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

米国財務省は、システム内部でブロックチェーンまたは分散型元帳技術(DLT)を採用することに関心を持つ他の政府機関に対するアドバイス記事をブログに投稿した。

財務省の金融サービス局(BFS)が作成したこの記事は、概念ブロックチェーンシステムをコンセプトを元に検証しながら幹部が集めたいくつかの教訓を含んでいる。

BFSは、検証を振り返りながら、ブロックチェーンテクノロジーを取り巻く誇大宣伝に惑わされることなく、分散型元帳が業務にとって価値があるかどうかを誠実にに検討するようアドバイスした。

このようなシステムが最も有用であると認められる部門は、セントラルゲートキーピングが高価な部門(スタッフが手動で取引を確認する必要がある場合など)や、生態系のさまざまな関係者間で信頼関係が完全に構築されない部門だ。

また、当局は提案されたシステムを本当に有用であるかを見極める「懐疑的な態度」をもち続けるため、DLTの懐疑派と技術系以外の部門の人々をスタッフとして配置するよう推奨している。

ブロックチェーン懐疑派と技術系以外の人々の両方を含める。ブロックチェーン推進派の人だけで構成されたチームは、誇大宣伝に惑わされて真実が見えなくなり、四角いペグを丸い穴に押し込むような無茶を行う可能性がある。

それが相手側に到達するかどうかを確認するためにブロックチェーン技術を厳しい目で見ることは、その有用性を理解するためにできるベストの方法だ。

同様に、ブログ記事では、開発者に対しシステムの生産に直接飛び込むのではなく、利害関係者の意見を聞くことに多大な時間を費やすよう助言した。 BFSは、チームが現在のシステムを高価で時間のかかる非効率なものにするといった問題点を発見するために、そのプロセスの分析にプロジェクトのほぼ半分を費やしたと述べた。

財務省のブロックチェーンパイロットプログラムは10月に始まり、DLTベースのシステムを利用してコンピュータやスマートフォンなどの有形資産を追跡しようとしていた。当局関係者は、不正行為の減少と効率の向上を達成する技術の能力を高く評価した。

直接の発表はないものの、財務省の金融犯罪部門は米国市民と住民がベネズエラが発行した国営の暗号通貨である「ペトロ」に関与しないようにするトランプ大統領の最近の執行令を実施するよう任命されている。これは、大統領が初めて正式に政府機関にブロックチェーン関連技術に関する措置を取るよう命じたことだ。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

US Treasury Offers Advice to Government Agencies Interested in Blockchain