ジンバブエ唯一の仮想通貨取引所が、ジンバブエのデジタル革命を目指す

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


仮想通貨取引は、現在、そのエコシステムへの参入のための理想的なゲートウェイとして機能しており、そのため、メインストリームでの採用に向けたチャネルとしての役割を果たしています。

金融業界のソリューションとしてのこれらの取引所の影響は、多くの分野で明らかになっています。支払いと決済、送金、運営、その他いくつかの側面は、取引所を通した仮想通貨の実装の結果として、介入の一形式をになっています。

取引所を通して行われていく

この業界の現段階では、これらの取引所を通じて多数の機会が利用可能です。例えば、価格変動と取引量の増加を主な原因とする投機的マーケットは、取引所を通して取引されています。それだけでなく、仮想通貨によって提供されている伝統的な金融システムへの代案は、最近業界で経験されているいくつかの政治的および制度的介入の背景に存在する主要な理由となっています。

実際には、取引所によって作られたゲートウェイなしでは実現できなかった、いくつかの異なる側面を備えたまったく新しい金融エコシステムが存在します。2018年現在では、ICO業界だけで毎月一貫して10億ドル以上の収益が生まれています。

これは、この業界への新規参入者に参入の機会を提供するこれらの取引所によって果たされた役割なしでは、可能ではなかったと思われます。これらのICOおよびその他の仮想通貨によって提供された機会に参加するためには、投資家はまず、自身の法定通貨を指定された仮想通貨(主にETHまたはBTC)に交換する必要があります。

これは、仮想通貨取引所が交換の機会を提供することによって、重要な役割を果たしていることを意味します。同じ仮想通貨を別の仮想通貨に交換する場合、または仮想通貨を法定通貨に交換する場合も同様です。

必然性のアイロニー

多くの財政が確立された国家および社会は、新しく勃興してきた仮想通貨市場への様々な代替ルートを誇張しているかもしれない一方で、このストーリーは発展途上の国ではあまり聞かないものです。

皮肉なことに、これらの発展途上の国々では、代わりとなる仮想通貨の機会がさらに必要となります。これは、それらの国家の通貨の大半に反映されているように、安定した金融ソリューションインフラストラクチャーの欠如と不安定な経済プロセスのためです。

ジンバブエの唯一の仮想通貨取引所としてのジンバブエのゴリックス(Golix)の役割は、近年の同国のメインストリームでおこる金融の混乱の歴史にとって、特に重要なものとなります。この取引所は、過去10年間の記録的なハイパーインフレで国が陥落してしまった、絶望的な状況に代わるものでもあります。

ジンバブエは、2008年のハイパーインフレ後、米ドルを自国通貨として採用しました。これは、同国の中央銀行が、今までしてきたように同国の通貨を印刷することができなくなったためであり、そのため同国は米国から輸入された現金に頼っていました。

まもなく、ジンバブエの財政問題は、通貨の過剰利用から流通する紙幣の不足へと転じました。このような状況は、実際に価値があるものよりもはるかに多くのドル・紙幣を売却するなど、さまざまな合併症を引き起こしました。

国境を越えて

上記のような状況は、すでに歪んでしまった地場の金融機関の直接的な影響を超える金融システムを自動的に必要としました。誰でも、南アフリカに位置する国家にとって、仮想通貨が今よりも良い時期に導入されることはないと思うでしょう。

しかし、ジンバブエで運営される唯一の地場の仮想通貨取引所であるゴリックスの登場するまでは、ジンバブエのケースがこのケースになることはなく、ゴリックスによって市民のための新たな財政安定の機会が開かれました。

ゴリックスは、低水準の意識と市民の参加により、高い流動性を達成してこなかった可能性があります。しかし、誰もが同じ供給源へとかけていくため、比較的高い需要が期待されるのは普通のことです。これは、ジンバブエで観察された、ビットコイン取引の高いプレミアムの水準を説明しています。

参加

しかしその後、同社はジンバブエでの堅牢な仮想通貨エコシステムと活気のある市場を確立するために努力しており、さらにこのチームは、この開発を強化する活動に行い続けています。

例えば、ゴリックスのチームメンバーは、国のデジタル革命に向けた国民全体の議論に関わっており、香港で開催されているTOKEN2049カンファレンスへの参加も、長期的に国家と地域の両方に利益をもたらすパートナーシップを確立する動きと言えます。

仮想通貨とデジタル革命の知識が様々な人々の間で、またその地域内で、どれほど普及しようとも、それが提供する本質的な価値は直接の参加を通じてのみ達成されます。国家としてのジンバブエやアフリカ大陸全体は、この革命に向け、すでに熟した地域になっていますが、このプロセスの重要な側面は実行可能なゲートウェイの存在です。

これまでのゴリックスの活動とそれに続く発展により、南アフリカの国家で起こった極端な金融不安の時代は、人々がなんの境界もないことを知る、グローバルな金融システムに直接アクセスする機会を持つことで、すぐに克服されることが期待されます。

Zimbabwe’s only Crypto Exchange Aims for a National Digital Revolution