テネシー州は、スマートコントラクトを合法として認識

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


テネシー州知事は、州法に基づいて、ブロックチェーンデータとスマートコントラクトを合法と認める法案に署名しました。

航海記録によると、ビル・ハスラム(Bill Haslam)知事は、テネシー州がそのような法律を追求する最先端の米国の州になることを目指した、この1ヵ月間のプロセスを取りまとめ、木曜日にその措置に署名しました。レジスキャン(LegiScan)のデータによると、この法案は1月に議案に付されてから、両議院を満場一致で通過しました。

法案の文言が説明するように:

「ブロックチェーンテクノロジーとスマートコントラクトを使用して電子取引を行う法的権限を認め、ブロックチェーンテクノロジによって保護された特定の情報の所有権を保護する。」

法律では、スマートコントラクトは法的効力を有するものとして認識され、「契約にはスマートコントラクトの期間が含まれるため、取引に関する契約は法的効力、妥当性、または執行可能性が否定されない」となりました。

この法律はフロリダ州とネブラスカ州の法的情報をブロックチェーンに保存する取り組みと似ています。しかし、フロリダの法案は「審議日程が枯れ果て」、一方でネブラスカの法案は議会でまだ投票されていません。ネブラスカ州議会が完全投票のために動くのかどうか、またいつ議論するのかは不明です。

アリゾナ州知事は、昨年5月に同様の措置をとっていました。

Smart Contracts Now Recognized Under Tennessee Law