ウォール・ストリートの規制当局が仮想通貨ヘッジファンドの調査を検討

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


規制当局は、次のスポットライトをヘッジファンドに向け始めました。

米国証券取引委員会(SEC)は、リスクの高い取引戦略と従来の投資ファンドと比べて高い取引手数料で知られている、数十の仮想通貨ヘッジファンドの調査を予定しています。ウォールストリートジャーナル(Wall Street Journal)の報道によると、規制当局は、100もの仮想通貨ヘッジファンドが投資家に約束しているものを提供していることを確認する意向です。

プライベートヘッジファンドは、精巧なトレーディング戦略が規制当局の監視のもとにあるため、プライベートヘッジファンドは、SECの精査にとっては特段新しいものではありません。一例として、初心者の投資家は、ヘッジファンドがそのような取引戦略をとっていることを理解していない可能性があるため、ファンドマネージャーは資金調達方法について慎重を期する必要があります。

1つの一般的な戦略は、取引の際に夫妻を活用し、ファンドマネージャーが株式の上昇と下降の両方の見通しにヘッジする、ロング・ショート戦略です。この戦略は、ジェネシス・キャピタル(Genesis Capital)のような企業が、機関投資家にショートタームの取引用にビットコインを貸し出すようになったことで、ヘッジファンドの投資に新たな道を作り出し、結果的にファンドマネージャーが仮想通貨に投資できる力を与えました。

米国では、認定投資家だけが許可されています。SECは、すでにその権限のもとで、資産額で1.5億ドル以上のヘッジファンドを監視下に置いていますが、任意のプライベートファンドを監視するための権限も持っています。

SECの不正行為

一方、SECは、ウォールストリートの規制当局が調査している多数のICOを含む、複数のICOを既に取り締まり始めています。証券法を迂回するような取引から投資家を保護するために、今ではその権限の範囲を拡大しています。

WSJの報道によると、規制当局は、その施策をどのようにビットコイン・ヘッジファンドに適用できるかを調査しているようです。規制当局が何か不都合なことに気づいた場合、彼らはさらなる行動を取ることが予想されます。

SECの優先事項の中で最も重視されるのは、ヘッジファンドが、ファンド・マネジャーが投資報告書で概説するエクスポージャーの種類を正確に提供することです。もう1つの心配は、日本のコインチェック社が数億のNEMをハッキングされ、揺らいだ事例など、取引所のデジタルウォレットのセキュリティが脅かされるリスクです。

ヘッジファンドは、Q2のプロセスについて規制当局からの聞き取りを開始する可能性が取りざたされています。

ヘッジファンドのパフォーマンス

多くのヘッジファンドは、2月に損失を生んでおり、仮想通貨ヘッジファンドも例外ではありませんでした。

ヘッジファンドのパフォーマンスを追跡し、また、独自のブロックチェーンインデックスを有するHFRによると、仮想通貨ヘッジファンドは、その期間にブロックチェーンインデックスで9.5%が消失し、先月の最低水準から回復するように努めていました。

Wall Street Regulator to Examine Cryptocurrency Hedge Funds