ダウ・ジョーンズの崩壊は、仮想通貨にどのような影響をもたらすのか。

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

トランプ大統領が、来週までの間に中国に対して新たな関税を適応させると発表した後、木曜日に米国市場で大きな損失が見られている。これらの関税は、中国輸出の年間ベースで約500億ドルに達する。中国がこれに対し報復し、世界の金融市場がさらなる混乱に陥る恐れが広がっている。

ダウ・ジョーンズは同日、724.42ポイント減の2.93%減となった。アナリストは、週末前にはさらに減少すると予想している。過去数ヶ月の最高記録から見ると、数値はここから逆転の始まりであるという声も上がっている。

多くの人が懸念する問題は、ダウ・ジョーンズが仮想通貨をどう取扱うかということである。

なぜこの貿易戦争は大したことではないのか?

トランプ大統領はしばらくの間、貿易関税の導入を脅かしてきていたが、最終的にこれは現実となった。彼は自国の企業が政策変化の恩恵を受けることが出来るようにと、より保守的な経済を作り上げていくと考えている。

中国は、米国の製造業者や雇用に重大な被害をもたらしたと非難したため、大統領就任以来の大きな争点の1つとなっている。中国がこの動きに重点を置くことは仕方のないことである。

この貿易戦争は、どう仮想通貨に影響するのか。

関税は経済を守るためのものであり、よい考えであるように見えるかもしれないが、実際には経済のごくわずかな部分にだけ利益をもたらし、残りの部分は苦しむ一方である。

米ドルはこのアプローチの結果として弱体化を余儀なくされ、より多くの機関が仮想通貨を用いて取引を行うようになる可能性がある。脆弱な米ドルに対処するのではなく、取引のために機密な資金を用いて、財産を守っていくことになるかもしれないという。

例えばビットコインは”デジタルゴールド”とも呼ばれており、投資家が金のようなより保守的な投資に資金を投入することが多くある時代である。金融市場が悪化するにつれ、金はその価値を保持することとなる。

仮想通貨を用いて、取引上の制限を回避することも可能である。これは、手数料や罰金を(違法ではあるが)避けることができ、取引を正常に進めることができるのを意味している。

仮想通貨の使用が一般的になった場合、多くの機関はこのアプローチに関連する多くのメリットを認識するだろう。そして、これらの市場におけるボラティリティが安定したときには、元の通貨に戻すことは難しくなるだろう。

このような貿易戦争のような出来事は、仮想通貨に大きい影響を与えることは避けることはできないだろう。

仮想通貨ではなぜうまくいかないのか?

財務界では、いかなる保証も存在しない。いわゆる昔からあるような財務諸表には何年も前から大規模かつ強気な相場が続いていた。投資家が気に入れば、お金が払われていくのである。

多くの企業は、仮想通貨のようなややリスクの高い分野に投資する余裕のある資本を持っていたが、この貿易戦争が継続的な弱気市場を引き起こすとすれば、これは仮想通貨での投資が枯渇し、それを経済の残りの部分とともに弱気市場に引き込まれてしまう可能性がある。

前回の記事では、金融市場の不安が高まるにつれて、ビットコインの価格が下がり、逆もまた同様であると述べてきており、これまでのところ私は正しかったようである。

何が起こったとしても、これは米国と中国が貿易戦で戦いを進める中で、仮想通貨市場が従来の金融市場における乱気流の継続的な水準に、どのように反応していくかということが大きな見所になるだろう。

What Does the Dow Jones Toppling Mean for Cryptocurrencies?