仮想通貨市場は350億ドル、ビットコインは9,000ドルで安定

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

変動の激しかったこの1週間、過去48時間にわたりビットコインなどの主要な仮想通貨は大きな利益や損失は示しておらず、仮想通貨市場は3,500億ドルで安定している。

安定している市場

2月〜3月にかけて、すべての仮想通貨市場は、24時間以内に20〜30%上下するなど、極端な上昇と下降を行っていた。例えばビットコインは14,000ドルから6,000ドルになり、11,600ドル、7,000ドルを経て、9,000ドルに戻った。

この極端な期間をふまえ、2日間市場が極端な変動をしていないと考えると、仮想通貨市場はある程度安定しているといえる。 ICON(ICX)やStormのような一部のトークンは、為替リストの影響で40%以上急騰したが、これら2つの仮想通貨以外のほとんどの通貨は3月20日から価格を維持している。

投資家はまた、6,000ドルから回復した後、市場に向けて楽観的な見解を表明し始めた。 TwitterのCEOであるJack Dorsey氏や、億万長者の投資家Tim Draper氏やAlan Howard氏などの、技術・金融部門の専門家は、ビットコインのような仮想通貨が世界の基準通貨になる可能性があると述べている。

決済アプリを運営するTwitterのCEOであるJack Dorsey氏はこう述べている:

世界は最終的に単一通貨となり、インターネットにおいても単一通貨しか持たないだろう。私は個人的にそれがビットコインになると信じている。

昨年、ビットコインに投資したHoward氏は、今年中に市場が完全回復すると強く信じているため、2018年には仮想通貨での持分を増やすことを明らかにした。

ヘッジファンドの億万長者であるHoward氏は、「昨年暗号通貨に大きな個人投資をし、デジタル資産とその背後にあるブロックチェーン技術に自分の資金をさらに投入する計画だ。」と述べた。

韓国におけるICON

ICONは、韓国のイーサリアムとしても知られ、3月21日に60%の利益を、3月22日には40%の価格上昇を記録した。

昨日、韓国最大の仮想通貨取引所Bithumb社がICONをリストアップし、エアドロップキャンペーンをサポートしている。 Bithumb社にICONが上場した直後、市場からの膨大な取引量がICON取引市場に配分されたため、ICONの価格は60%以上急上昇した。

韓国の2番目に大きな暗号化取引プラットフォームであるUpbit社は、ICXを上場させている。同社は、Bithumb社やKorbit社のような仮想通貨交換取引所に採用されていない仮想通貨に投資しようとしている、プロの仮想通貨業者や一般投資家の間で人気があるという。

全体的に、仮想通貨市場は、評価、数量、需要、マスコミ報道など注目の的となっている。日本と韓国のようなエリアで、特に韓国ではビットコインに対して4.6%の優位性を示しているため、再び成長を見せている。

ICON(アイコン)とは?基本情報 ICONは、韓国発のブロックチェーンプロジェクトで、2017年10月に取引が始まった、比較的歴...

Cryptocurrency Market Remains Stable at $350 Billion, Bitcoin at $9,000