イギリス政府、仮想通貨の「タスクフォース」を立ち上げ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


財務省のフィリップ・ハモンド(Philip Hammond)財務相は、木曜日に、政府の「仮想通貨関連資産のタスクフォース」と他の多くのフィンテック・イニシアチブを発表する予定です。

財務省の声明によると、ハモンド財務省は、政府の第2回国際Fintech会議において、財務省に加えてイングランド銀行と金融行政機関を含むタスクフォースを宣言する予定とのことです。

政府の大規模なFintechセクター戦略の一環であるこのイニシアチブでは、「英国が仮想通貨資産のリスクを管理し、ポテンシャルを秘めたテクノロジーの利点を活用するのを助ける」と同氏は述べました。

ハモンド財務省は、「ロボ規制の次のステップ」を含む、より幅広くフィンテック分野に関する、いくつかの措置を発表する予定もあります。

声明では、fintech分野に関する措置は、新しいフィンテック企業や金融サービス業界をより広範に支援するためのパイロット・スキームで構成され、時間と費用効率を高めるソフトウェアを構築することにより、規制を遵守すると述べた。

同様に、この声明は、各国の市場を結びつけ、「英国企業が国際的に拡大するのを助ける」ことを目指す、イギリス・オーストラリア間の「フィンテックの架け橋」を作る政府意向を明らかにしました。

Fintech分野の戦略における、その他の特筆すべき特徴には、Fintech企業が銀行との提携を促進するための基準の作成が含まれます。この声明はまた、政府がフィンテック企業と協力して、これらの企業が直面している障壁を取り除くのに役立つ、共有プラットフォームの「創造」を計画していることを示してもいます。

これらのプラットフォームの性質については、これ以上詳細には述べられていません。英国政府は、ブロックチェーンテクノロジーには広く受け入れてきたと主張していますが、仮想通貨に対しては熱意はそれほど示してきませんでした。

1月の世界経済フォーラムで、テレサ・メイ(Theresa May)首相は、仮想通貨の潜在的な犯罪への使用について懸念していると述べていました。そのイベントで、ハモンド財務相は、仮想通貨への規制を求めていました。

イングランド銀行のマーク・カーニー(Mark Carney)理事は、スコットランド・エコノミクス会議でのスピーチの中で、3月初旬に同様の提案を提出していました。

The UK Government Is Launching a Cryptocurrency ‘Task Force’