ブロックチェーンの熱狂:医療

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

医療産業の悩みの解決策はブロックチェーン技術にある。

ブロックチェーンの熱狂が今週Liskブログに登場した。このシリーズではブロックチェーン技術の採用に向けて実際に動いているさまざまな産業を紹介し調査していく。シリーズの第一回目は医療でのブロックチェーンを調査する。

ブロックチェーン技術の恩恵は農業ビジネスから不動産まで数多くの産業分野に及ぶと予想されている。しかし、ある産業分野で特にブロックチェーン技術の採用が急速に進むものと見られている。それは医療分野だ。

Lisk Academyが医療分野でのブロックチェーンに特化した総合セクションで指摘しているように、医療は

Deloitte社が調査した利害関係者の4分の1がこの分野に500万ドル以上の投資を行ったことを明らかにしたように、医療業界はブロックチェーンを用いたシステムへの切り替えにもっとも積極的に取り組んでいる活気のある分野」だ。

医療業界は単に旧態依然としているだけでなく、業界にとって悩みの種である官僚的形式主義もまた厄介な問題だ。相互運用性に乏しく適切なデータ管理と分析も不足している。

国連事務総長のアントニオ・グテーレス氏によると、国連経済社会局は今月発表したニュース記事の中で、「正確なデータは優れた政策と意思決定に不可欠なもの」なので、より多くの信頼できるデータの必要性を述べている。

今月始めにラスベガスで開かれた国際会議HIMSS18は、健康産業の情報とテクノロジーに関する世界でもっとも重要な会議の一つだが、エリック・シュミット前Google CEOは保健分野の現状とこの分野に新しい考えが強く求められている理由を説明した。

彼は「私たちが今いるのは石器時代」で、その理由は「紹介と保険のやり取りの80%がファックスで行われていると見られる」からだ、と述べた。さらに、医者は「患者を1時間診る毎に2時間の管理時間が必要となる…医者の50%が極度の疲労を訴えているのも無理はない」、と彼は述べている。

シュミット氏は別の問題について言及し、「警告疲労 - 特に統合されているわけでもない多くのシステムを利用するので様々な警告が上がっている」データ分析に関連する数多くの恩恵は、私たちが利用できる革新的な技術を使わずに選ぶことはできない。

シュミット氏は、電子メール、インターネット、スマートフォンのようなかつては考えられなかった新しい考えを引き合いに出し、「キラーアプリ」が業界を変化させるよう呼びかけた。HealthcareITNewsが要約したように、キラーアプリが狙っているのは「データに対して豊富なAPIでアクセスでき高度な分析がなされる、キュレートされ標準化された多様なデータセットが詰まった臨床データ保管庫」だ。

この「キラーアプリ」がブロックチェーン技術を利用するのは容易に想像できる。キラーアプリは、分散化システムが単一の標準に収束するのを奨励し、データ利用者が多様な提供者からのデータと容易に触れ合えるようにするものだ。

多くのブロックチェーン技術関連企業でデータ交換の改善に取り組んでいる。例えばベルリンに本社があるOcean Protocol社はAI分野などのアプリケーションが広く利用できるようにする分散型データ交換プロトコルを開発している。

想像できるように医療向けのブロックチェーンはHIMSS18で注目の話題となった。

医療のためのブロックチェーン:目的に合っているか?」と題された討論会ではカリフォルニア大学サンディエゴ校Global Health Policy Institute所長Tim Mackey氏や、Health Linkages社CEOのRobert Barkovich氏がそれぞれの業界でのブロックチェーン技術の性質に合った応用について議論した。

HealthcareITNewsの記事によると、Tim Mackey氏は「ブロックチェーンの基本的性質のいくつかが医療に適用できる」「この変更不可能な分散型台帳は医療用データの復元能力と来歴、トレーサビリティ、管理をよりよく保証してくれます」と述べ、

Barkovich氏は「ブロックチェーンは履歴を認めさせます。もし私たちが互いに同意や信頼をしていなくても」「第三者の信頼は不要になります。信頼はすべてチェーンの中にあります」と述べた。

彼は「ブロックチェーンは本来的に医療用の多くの問題のソリューションの一部となる良い位置にいます」と説明する。ブロックチェーン技術は医療情報の相互運用性とシームレスなやり取りをサポートするものだ。

会議に出席していたTrustedHealth社はブロックチェーンに基づいた医師と患者のための専門的な医薬デジタル経済圏を実現する企業だが、生死に関わるまれな疾患に重点を置いて「ブロックチェーン上で医療プロセスを完全にデジタル化し分散化する」と述べた。

患者が必要とする専門家と連絡を取ることで、自分の健康状態に関する正しい情報を得られることを同社では期待している。医療ニューステレビ局が述べていたように、TrustedHealth社は「仮想的な会話と知識の共有を可能にし、その一方で同時にビッグデータを収集して特定の健康状態をさらに調査するのに使えるようにする」と述べた。

医療分野でのブロックチェーンの利用事例についてより詳しく知りたい方は、Lisk Academyの医療を総合的に扱っているセクションを読んで欲しい。

ブロックチェーン技術と医療分野の密接な関係を理解しているのは、開発者や医療関係専門家だけではない。投資家もまたそのことに気付いており、医療関係に重点を置いているブロックチェーン関連企業に大量の資金を投入している。

サンフランシスコに本社を置くスタートアップ企業Akiri社は医療産業向けのブロックチェーンベースのNaaS(network-as-a-service)基盤を運営する会社だが、1月にHealth2047から1千万ドルの資金提供を受けた。

Health2047は医療産業向けのデータ流動性、長期療養、生産性、支払いの各ソリューションを開発し商品化する革新的企業だ。米国医師会は同社の創設メンバーの一つだ。

金融市場、医療、暗号通貨のマイニング、ハイテクの各分野でのブロックチェーン技術と暗号通貨資産に重点的に取り組むアメリカを拠点とする多角経営の持ち株会社Millennium Blockchain社は今月、BurstIQ社に500万ドルを投資する契約を結んだ。

医療データは連携を欠いているだけでなくHIPAA(Health Insurance Portability and Accountability Act)の制約もあり、情報共有を難しくしている。BurstIQ社はブロックチェーンと人工知能を活用して効率のよいシェアリングのためにデータが一緒にリポジトリに入るようにして、これらの課題を解決しようとしている。

ブロックチェーンのスタートアップ企業には多額の投資が行われている一方で、多くの企業はブロックチェーン技術を社内で開発することを選択している。

先週パロアルトで開催されたSXSW HealthSparkで、カリフォルニアを本拠とする医療向けのアプリと分析基盤を開発するMedable社は、患者と医療研究者、そして生物薬剤企業の間で医療データをやり取りできるようにするブロックチェーンに基づいたプラットフォームINSIGHTを発表した。

Medable社がこのブロックチェーンネットワークを立ち上げたのは、新薬の研究に参加する研究者が少ないことに加えて、公的資金が不十分なことと研究グループ間で有意義なデータ共有が不足していることがその理由だ。

ブロックチェーン技術は「監査可能で透明性がありデジタル化された学術データ(digitome data)を自主的に共有する」ことを可能にする。実際、研究者はMedable社のプラットフォームを利用するので、資金提供や他の研究資料と引き換えにdigitomeにデータを提供することができる。

また、データセットへのアクセスはスマートコントラクトを経由してサードパーティーがリクエストし、自己統治するデジタル参加IDを利用して個々の参加者に、リクエストのあった研究データの共有や関連する治験の検討に同意したり報酬を与えたりできる。同社は2月に500万ドルの資金を集めた。

ブログの投稿で詳しく書かれている通り、インテル社のIntel Health and Life Sciences部門のHealthcare Privacy and Security事業部長David Houlding氏とObesity Prevention, Policy, and Management社のHeather Flannery CEOは、将来的にブロックチェーン技術が医療経済圏にどのような影響を与えるかについての成功事例と重要な利用事例の提供に着手した

Blockchain, Cryptocurrencies, Smart Contracts, Artificial Intelligence, and Machine Learning in Healthcare

レイヤー0は今の世界、つまり「今日の医療データの大部分は、医療プロバイダー、支払い人、調剤、ライフサイエンス、仕事仲間やデータを処理する人を伴う様々な企業システムのデータ保管庫の中に保存される」ことをを表す。このデータは医療ケアの質の向上とコスト削減のために共有すべきものだ。

レイヤー1は次の論理段階であるブロックチェーンを表す。ブロックチェーンは医療機関の間でのデータ共有を可能にするからだ。「既存の医療B2Bネットワークは、ブロックチェーンが付加価値をもたらす短期での機会だと理解されている。このネットワークは、情報交換ネットワーク、医療情報交換、薬剤と医療器具のサプライチェーン、プロバイダーの信任状ネットワーク、医療データ共有ネットワーク、その他諸々に渡っている

レイヤー2はスマートコントラクトが「ブロックチェーンの上に構築され、ブロックチェーン取引の整合、自動処理、ブロックチェーン上への結果の出力をもたらす実行コードを導入できる」ようにする。スマートコントラクトは「現在は医療機関システムの中だけで実行できるのに対し、より多くのコードがブロックチェーン上で直接実行できる」ようにする。

レイヤー3に関しては、ブロックチェーンとスマートコントラクト上に構築される暗号通貨とトークンが導入される。論文では「暗号通貨とトークンは医療向けブロックチェーンの使用事例には意味があることもあり、新たな商取引と報酬システムを可能にする。例えば、患者はブロックチェーンを利用して臨床研究に参加することで暗号通貨やトークンを稼ぎ、換金して自分たちの医療費を埋め合わせるようになるかもしれない」

そして最後にレイヤー4は人工知能と機械学習の方向性を示している。これらは、例えば、「心臓病や肺がんの様々な画像を解析し、早期発見を可能にして患者のケアの選択肢を拡充することができるようになる

ブロックチェーン技術は私たちが知っているように医療産業を大きく改善することになる。Liskは、医療産業や多くの人が体験しようとしているたくさんの変化に貢献できることを非常に喜んでいる。

Liskについて詳しく知りたい方は、lisk.ioをご覧ください。

Lisk(リスク)とは?基本情報 Lisk(リスク)は、分散型アプリケーションプラットフォームであり、その中で利用可能な仮想通貨が...

Blockchain Buzz: Healthcare