CFTCは、ビットコインの詐欺行為で訴えられている容疑者の召喚につまづいている

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


コモディティ先物取引委員会(CFTC:The Commodity Futures Trading Commission)は、1百万ドル相当のビットコインを盗んで、1月に告発されたバイナリオプショントレーダーに裁判所召喚に苦闘しています。

米国のコモディティ規制当局は、ディオン・マイケル・ディーン(Dillon Michael Dean)が召喚状の提示を避けていると、裁判所に提訴しました。CFTCは、現在ニューヨーク州東部地区連邦地方裁判所に電子メールの使用を許可するか、または既存の方法の実施が困難であると主張されるディーン氏に対し、訴状を提出する代わりとなる方法を求めています。

ディーン氏は、CFTCがディーンと彼の会社であるアントプレナーズ・ヘッドクオーターズ社(Entrepreneurs Headquarters Limited)が、投資スキームからプールされたビットコインを110万ドル以上盗用し、以前に報告されたように約600名の参加者を騙したとして1月に詐欺罪で訴えられていました。

規制当局は水曜日に以下のように述べています。

「委員会は、法律上の覚書に記されている理由により、電子メール、またはそこに記載されている代替的または追加的手段により、裁判所に召喚状や苦情を送ることを求めている。

またはディーン氏の知り合いの住居で適切な成人に召喚状と告訴を残すことや、またはディーン氏への事前の電子メールによってディーン氏を奉仕する委員会の過去の試みに変わる方法を求めている」。

1月に、CFTCは、顧客が投資を引き出すことができなくても、ディーン氏と彼の会社は、顧客が資金を受け取るか、資金を受け取る過程にあると主張していると述べていました。ディーン氏と同社は、同社の顧客から資金の盗難を隠そうとするために、2017年のウェブサイトのハッキングについて隠していたとのことです。

アントプレナーズ・ヘッドクオーターズは、訴訟によると、詐欺行為に加えて、コモディティ事業者としての登録にも失敗していたとのことです。

CFTC Hits Wall Trying to Serve Bitcoin Fraud Summons