米国弁護士協会は、アメリカ歳入庁にハードフォークコインの取り扱いを求める

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


米国弁護士協会(ABA)の税務部門は、正式に米国内国歳入庁(IRS)に、仮想通貨のハードフォークから生じた投資利益の安全な避難場所を作るよう求めました。

ABAは、カレン・ホーキンス(Karen Hawkins)議長が作成したこの手紙では、IRSが連邦税務上、仮想通貨投資をどのように取り扱っているかについて、IRSが最初に指導した2014年以降、仮想通貨界隈にいくつかの大きな進展が生じていると指摘しました。

セクションの懸念事項の中で最も重大な点は、投資家がハード・フォークに関する利益をどのように報告すべきかについての明確な指針が必要であることです。このハードフォークは、ブロックチェーンを複数のバージョンに分割し、現在のコインホルダーに両バージョンの資金を提供することを意味します。

これの最も顕著な例はビットコイン・キャッシュ(Bitcoin Cash)のハードフォークであり、ビットコインの所有者には、それぞれ1,064ドル相当のコインが授与されました。

米国税務申告は1ヶ月以内に期限が到来するため、IRSは、ハードフォークから資金を受け取った納税者に対して、「安全な避難場所での一時的な規則」を採用するよう勧告しています。

セクションから提案された言葉によれば、ハードフォークは課税対象となるが、フォークされたコインの初期値は0ドルとなるだろうとのことです。

「2017年にハードフォークの対象となった硬貨を所有していた納税者は、課税対象のイベントでハードフォークから生じたフォークコインを実現したものとして扱われるだろう」

と提案したガイドラインに書いています。実現出来た時点での貨幣の価値はゼロとなり、納税者の基礎となるであろう、と述べました。

したがって、投資家は、後で売却するか、そうでなければ処分しない限り、市場価値に基づいて税金を払う必要はなく、経常利益ではなく資本利益として市場価値で課税されることになります。

少なくとも、完璧な解決策ではありませんが、この処理は、少なくとも2017年の課税については、IRSと納税者にとって最も合理的なアプローチであると主張しています。

「この一時的なルールは、2017年のハードフォークに関する納税者の一貫性を奨励し、今の段階で解決が困難なタイミングと評価の問題(2017年に値がどのように変動したかに同意した納税者を含む)を回避し、元々の所有者とフォークコインの所有者に関する情報を提供することになる」

とホーキンス氏は述べています。

ABA Tax Experts Ask IRS to Create Safe Harbor for Cryptocurrency Hard Forks