トランプは、アメリカ国民のベネズエラの仮想通貨「ペトロ」の購入を禁止へ

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


ドナルド・トランプ米大統領は、米国市民がベネズエラ政府に関連する仮想通貨(ペトロ:Petro)の購入、トレード、またはディールを禁止する執行命令を発出しました。

米国大統領が初めて取った仮想通貨関連の執行措置の中で、ホワイトハウスは、米国内でベネズエラ政府が発行、または関連する仮想通貨に関わるあらゆる活動を無条件で禁止する、というドナルド・トランプ(Donald Trump)の行政命令を明らかにしました。

この行動は、「ベネズエラの民主的に選出された国会が、違法と非難していた中で、マドロー政権が、デジタル通貨を発行することによって、米国の制裁を回避しようとした最近の動きを踏まえて」であった、とホワイトハウスは公表しています。

確認された執行命令は以下になります:

米国内に居住するもの、または米国内で、2018年1月9日以降、ベネズエラ政府によって、またはベネズエラ政府のために発行されたデジタル通貨、デジタルコイン、デジタルトークンにに関連するあらゆる取引、資金調達手段の提供、その他取引はこの執行命令の日をもって禁止される。

以前報告されたように、ベネズエラの大統領は、ベネズエラの大量の石油埋蔵量に裏付けされたデジタル通貨「ペトロ」を、12月の初めに金融封鎖を含む米国の制裁に対抗する手段として発表しました。

マーケットのオブザーバーが合法な分散型仮想通貨の土台を崩すと批判する一方で、ペトロは2月20日にプレセールが開始されており、国会では「詐欺」と指摘され、論争が巻き起こっています。

Breaking: Trump Bans US Citizens, Residents from Venezuela’s Crypto ‘Petro’