テレグラムの仮想通貨は2000億相当になると予想されるが、それはオーバープライスか?

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


テレグラムの予想される仮想通貨は、5年間で2000億ドルの時価総額を達成する可能性があるが、往年のアナリストは、同社のICOはおそらく過大評価されていると述べました。

テレグラムのICOの目標に関するレポートは、大きく変わりつつあります。あるレポートでは、26億ドルという高値をつけていますが、すべてのレポートが、それがトークンセールの記録を破る可能性が高いことを肯定しています。

クオンツ投資会社AQRキャピタル・マネジメント(AQR Capital Management)の元専務理事であるアーロン・ブラウン(Aaron Brown)氏は、テレグラム・オープン・ネットワーク(TON)のトークンであるグラムは、少なくとも5年以内に2,000億ドルの時価総額を達成できる可能性があり、ICO投資家に莫大な利益をもたらすだろうと述べました。

しかし一方で、投資家は暴落にも備える必要があります。

ブラウン氏は、3億人がこの5年で仮想通貨を使用するようになるだろうと見込んでいます。その総額は5兆ドルに上ります。そして、テレグラムは使用者の4%をプラットフォームに引き付ける可能性があるとも、ブラウン氏は予期しています。

テレグラムのプラットフォームが、今やもうダークウェブのマーケットプレイスで有名なシルクロード(6分の1)と年間収入におけるトランザクションバランスの割合が同様であると仮定すると、テレグラムの時価総額は2,000億ドルに達すると見込まれます。

しかし、これは、現在の仮想通貨のトランザクションの規模を考慮すると、ユーザーの年間トランザクションが平均10万ドル(平均値)を必要とする数値にもなります。

「これは、巨大なインターネット企業のおおよそ3分の1程度の規模になるだろう、そしてその見積もりは、仮想通貨がインターネットビジネスの3分の1になるだろうという私の見積もりと一致している。」

とブラウン氏は述べ、この予想は、「しかし、これは良いケースであり、それに達するまでに多くの不確実性が存在する」と、明確なベストケースシナリオであると強調しました。

最も良い推計に従い、テレグラムは10億ドル規模の評価額でローンチしなければならないと、ブラン氏は述べています(この数字は、仮想通貨全体またはICOを通じて配布されたトークンのどちらを指すのかは明らかではありません)。

「他のもっともらしいケースや一般的な仮想通貨の評価をもとに計算すると、私は10億ドルという数字を思いつき、参加することをやめた(価格以外の理由もあった)」と彼は語っています。

ローンチに際して10億ドルという評価がつくことは、衝撃的なことを示していますが、それでも、トークンセールの評判の悪さや、テレグラムがTONホワイトペーパーで作成した主張のいずれかに魅了され投資家はおそらく、そのICOに参加するために大きなプレミアムを払うだろうということを示唆しています。

Telegram’s Cryptocurrency Could Be Worth $200 Billion, but is the ICO Overpriced?