インテルは、ブロックチェーンが次世代の著作権管理マネージャーになると考える

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


大手のインテルは、デジタル著作権管理を再考する手段としてブロックチェーンを活用しようと考える、多くの企業のリストの中に含まれています。

この米国のシリコン・バレー・テクノロジー企業は、3月8日に米国特許商標庁からリリースされた特許出願で、デジタル画像をダウンロードする権利に対してブロックチェーンを活用する方法を記載しており、それは発明の保護に十分有用であると信じられています。

この特許出願では以下のように記載されています。

ブロックチェーン技術は、著作権保護に関連するデジタルコンテンツの属性を文書化し、検証するために使用される。そのような属性には、例えば、コンテンツの作成者の識別、コンテンツがいつ作成されたかを示すタイムスタンプ、その後コンテンツのコピーや変更を検出するために使用できる計測値を含みます。」

記載されているように、提案されたプラットフォームは、画像が外部ソースから取ってこられたとしても、各画像の著作権ポリシー設定を自動的に評価するために、いくつかのタイプのソフトウェアを使用しています。次に、元のコンテンツと変更されたすべてのバージョンに対し、一意の識別子を作成します。この特許は、これらの識別子を「影の画像」と呼んでいる。

インテルの特許は、画像以外のビデオやその他のタイプのコンテンツについても言及し、追加機能を含んだ、より包括的な権利システムを提供しています。

たとえば、インテルのシステムでは、複数の編集者を持つ書籍などのまだ「作成されていない」部分を含む、進行中の作業をユーザーが維持できるようにしています。このように、コンテンツは著作権ポリシー設定に従ってのみ変更することができます。

それでも、インテルが、このアイデアを追求していくのはまだ時間がかかります。BerkleeのOpen Music Initiativeのようなブロックチェーン業界の取り組みに加えて、中国のZhongAnやWENN Digitalなどの企業も、近年、同様のアイデアを進めていこうとしています。

この特許は、インテルが業界に関連する知的財産を保護しようとしている最新の取り組みでもあります。2016年6月、同社は、DNA、特に遺伝子シーケンシングの研究に役立つブロックチェーン駆動ソフトウェアの特許を申請しました。

Intel Thinks Blockchain Could Power a Next-Gen Media Rights Manager