仮想通貨ヘッジファンド:たとえBitcoinが消滅に終わったとしても、我々は成功するだろう

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


仮想通貨ヘッジファンドであるパンテラ・キャピタル(Pantera Capital)の最高執行責任者(CEO)、最高執行責任者(CFO)のダン・モアヘッド(Dan Morehead)氏は、最近、たとえドットコムバブル期にペットドットコムが失敗したようにBitcoinが失敗に終わったとしても、ヘッジファンドは、投資家は仮想通貨でお金を稼ぎ続けるだろう、と主張しました。

CNBCによると、モアヘッド氏の推論は、仮想通貨は革命的であり、注目し続けるべきものである、というものです。モアヘッド氏は、自身の主張を説明するために、今はもう消滅してしまったペットドットコムを引き合いに出して、語りました。

「もしあなたがIPO銘柄をポートフォリオに持つのであれば、(ペットドットコムとアマゾンがポートフォリオにある場合)、残りのものは問題にはなりません。あなたは素晴らしいリターンを得ます。」

モアヘッドの言葉は、投資家に送られた手紙の中に入っていました。それは、2000年に破産申請をしたペットドットコムのように、Bitcoinが失敗に終わった場合でも、それらはまだ「おそらく非常にうまくいく」だろうと記しています。

ピーターテラー(Petertera)のICO基金を例として、25のICOで構成されているこのファンドが、そのブロックチェーンプロジェクトが1つになり、そのICOの90%が0になるのを見た後でさえも、ブロックチェーンはポジティブなものであるだろうと、指摘してもいます。

手紙によると、パンテラのICOファンドは昨年、その価値の約25%を失いましたが、創設以来から見るといまだ200%以上上昇率を記録していることになります。ヘッジファンドの長期ICOファンドは5.9%増加し、デジタル資産ファンドは16.8%減となりました。パンテラのBitcoinファンドは、今年は26.9%減となりましたが、創設以来だと16,000%増となっています。

ヘッジファンドの最高経営責任者(CEO)によると、Bitcoinは「金融の奇跡」だとのことです。彼の手紙では、投資家にポートフォリオの1〜2%をブロックチェーン技術に投資するよう助言しています。その理由としては彼は以下のように述べています:

「ブロックチェーンが再び2万ドルを返すのかどうかはわかりません。しかし、そのオッズは十分高く、確率的な重み付けをした結果から考えると、期待値は今まで見た中で最も非対称です。」

モアヘッドはまた、ブームが「1990年代のIPOブームに非常に似ている」が、その時よりさらに規模が大きいため、彼はICOに対して強気であると公言してもいます。最近、米国証券取引委員会(SEC)が「数十」の召喚状を発行したため、ICOは最近圧力をかけられています。

Amazonの例

モアヘッドはさらに、AmazonのCEO、Jeff Bezosの同社戦略についても指摘しています。 Amazonは、ペットドットコムの背後にいた主要な投資家でした。同社は結局破産申請しましたが、ベゾスは依然として「不毛な富」を生み出しました。

これは、彼が「Bitcoinに先行したインターネットの過熱期が、どれほど破壊的であったか」を理解したからと述べています。ベゾスの投資戦略は、彼が究極の勝者となりえるエクスポージャーを掴むために、複数のドットコム会社に資金を投入することでした。

ペットドットコムが破産して以来、Amazonの株式は4,000%以上上がっており、彼が所有する資産の価値は130億ドル以上にも及び、ベゾスは世界で一番富裕な層の一人になりました。アマゾンの子会社であるCCNは、昨年、イーサリアムと仮想通貨関連のドメイン名を登録しています。

Cryptocurrency Hedge Fund: We’ll Succeed, Even if Bitcoin Ends Up Defunct