ドバイの従業員が20万ドル相当の仮想通貨を横領

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


ドバイに拠点を置くカリージャ・タイムズ紙(Khaleej Times)によると、同都市の仮想通貨取引プラットフォームは、個人的な使用のために仮想通貨を盗んだ自社の従業員を捕まえました。同社と容疑者の両方は、記事の中では名前を伏せられています。

その容疑者は、取引システムの管理の専門家であり、トレーダーが用いる仮想通貨のトランザクションの追跡を行うソフトウェアを欺いたとのことです。

その容疑者は、プラットフォーム上で取引されている通貨を少しだけ取引し、その後、データベースプラットフォームに入り、自身のアカウントの仮想通貨を他の仮想通貨取引プラットフォームで取引するために、偽の仮想アカウントで誤った情報をアップロードしました。

雇用者は、自分自身が暗号暗号取引プラットフォームを開発し、それに対するボーナスも獲得していたため、その従業員を疑う理由がありませんでした。

当初、企業は暗号化トランザクションが一貫性がなく、システム内のレコードと一致しないことに気付きました。しかし、セキュリティシステムに問題があり、チーム全体が、Webサイトにアクセスするために管理者アカウントを使用していたため、犯罪者を見つけることができませんでした。

容疑者は、ゆっくりと取引を重ねていき、PC上で詳細を把握していました。彼は偽のユーザー名とアカウントを使用していましたが、一方でユーザー(見込み客)ともオンラインでやり取りしていました。彼は盗んだDhs 800,000(約$ 0.2M)で家を購入したいと考えておりましたが、会社が訴訟を起こしたことで、彼の夢は儚く散りました。

この情報は、ドバイ・ルーラー法廷の専門家および紛争解決部門によって収集されており、裁判所は「会社が被った詐欺および被害の程度を判断する」ために専門家を雇いました。

アラブ首長国連邦における仮想通貨環境

昨年、アラブ首長国連邦中央銀行は、リスクとフィッシング詐欺が関係しているため、クリプトカルトの使用について警告しました。一方で、同国はまだデジタル通貨を規制または禁止していませんが、法的に認められた支払い方法としても認識していません。金融監督当局は、有害で誤解を招く可能性のあるプロジェクトに対するICOに投資する予定のユーザーにも注意を喚起しました。

BitcoinとICOはますます同国の関心の対象となっています。Google Trendsによると、アラブ首長国連邦(UAE)は、地域別にビートコインに対する関心率が最も高い上位10カ国の1つとなっています。

Dubai Employee Steals $200,000 in Cryptocurrency Embezzlement Fraud