アメリカの取引規制当局が仮想通貨投資スキームのプロモーターを拘束を指示

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


フロリダ州の連邦地方裁判所は、連邦取引委員会からの要請に応じて、一連の仮想通貨投資スキームを運用したと非難されている4人の個人に対する一時的な拘束命令を発しました。

当局は、トーマス・ドゥルカ(Thomas Dluca)、ルイス・ガットー(Louis Gatto)、エリック・ピンクストン(Eric Pinkston)ら4人のうち3人が、Bitcoin Funding TeamとMy7Networkの2つの紹介スキームに関与していたと発表しました。

2月20日付の訴状によると、彼らは、特にBitcoinLitecoinに言及して、投資家が仮想通貨に投資をすれば、大きなリターンが得られると約束した断言したとのことです。

Bitcoin Funding Teamは、100ドル相当の金額を月々の収入で8万ドルにすることができると主張しているが、連邦取引委員会は、制度の構造によって利益が得られることはないと断言している。実際、ほとんどの投資家は、当初の投資額を回収できないだろう

と、当局は言っています。

第4名の被告、スコット・チャンドラー(Scott Chandler)は、Bitcoin Funding TeamとJetcoinという別の詐欺罪を行なったとして訴えられています。他の仮想通貨同様、Jetcoinは投資家に金を設けられる企業として注目されましたが、約束した結果を出せずに倒産しました。

連邦取引委員会によると、4人の被告の資産は、正式な裁判が行われるまで凍結されているとのことです。

「このケースでは、詐欺師は常に古いスキームに対し、常に新しい方法を見つけていることが示されているため、それは連邦取引委員会が、なぜプラットフォームや使用されている通貨に関係なく警戒を強めているか、という理由でもある。被疑者によって促進されたスキームは、他のあらゆるものを犠牲にしてトップのものが豊かになるよう、設計されている。」

と、連邦取引委員会の消費者保護部門の局長、トム・パール(Tom Pahl)は声明で述べています。

US Trade Regulator Shuts Down Crypto Investment Scheme Promoters