今年のBitcoin価格が2,800ドルまで下がると、アナリストが予測

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする


Bitcoinの係争中の “死の十字架”は、投資家を心配と混乱の状態に陥らせました。

ブルームバーグが発表したグラフによると、50日間の移動平均線は200日の移動平均線に近づいているとのことです。50日間の移動平均線が200日間の移動平均線に触れた場合、またはさらに悪くなり、それを下回った場合、Bitcoin価格は大きな損失を被るだろうとしています。

これらの動向を考慮し、これら動きを2013年のBitcoin価格と比較すると、ドバイマーケットセキュリティーズ(Market Securities Dubai Ltd.)のテクニカルアナリスト、ポール・デイ(Paul Day)氏は、最終的に値が2,800ドルに下がると主張し、「2017年末のバブル崩壊後の数ヶ月の間に決定的な変化があった。」と述べました。

2013年は、BTCの歴史の中で最も悪いものの1つとして記憶されることがよくあります。まず、4月に233ドルから67ドルに下落し、12時間で71%の下落があり、価格は過去2ヶ月で非常に激しく変動し続けました。

2013年11月30日には1,126ドルの記録を更新しましたが、24時間以内には19%減少し、2013年12月5日には1,155ドルに回復しました。価格は41%低下し、47%上昇し、その後2013年12月19日に503ドルという驚くべき価格にまで下落しました。

12月の第1週の最高値から、価格は56%も低下していたました。価格が下落したため、Bitcoinは最終的に、1000ドルのバーを再度越えるのに3年以上かかりました。

将来、ビットコインの価値が低いと予測しているのは、デイ氏だけではありません。ファンズトラット・グローバル・アドバイザーズ(Fundstrat Global Advisors)のテクニカルストラテジストのロバート・スライヤー(Robert Sluymer)氏は、「Bitcoinは、短期的なボトミングが5,873ドルに近いという証拠を示し始めるだろう」と述べています。

バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway Inc.,)のチャーリー・ムンガー(Charlie Munger)副社長は、明白にビットコインを「有害な毒」と呼んでいます。ムンガー氏はまた、Bitcoinを嫌悪しており、それが創造されて以来ずっと憎んでいるとも述べました。

一方、Bitcoinの雄、ジョン・マカフィー(John Mcafee)氏は、2020年までに価格が100万ドルに達すると予測しています。

以前はBitcoinをバブルと呼んでいたJPモルガン・チェースの会長兼CEOであるジェイミー・ディモン(Jamie Dimon)は、「Bitcoinが詐欺だと言っているのは残念だ。ブロックチェーンは本物である。それは仮想通貨の円やドルといった、そういったものを持つことができる」と語りました。

ビットコインのチャート、特徴、将来性などの情報について掲載しているページです。ビットコインは仮想通貨・暗号通貨の主役的な存在であり一番流動性が高い仮想通貨です。店舗での決済に、海外送金など幅広い利用用途があるために投資対象としても優れています。

Analyst Predicts Bitcoin Price Drop to $2,800 This Year