ブラジル刑務所のシステム関係者、2240万ドルのビットコイン詐欺にあう

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

ブラジル報道官によると、リオデジャネイロ当局は最近、国家刑務所の食費予算を州当局が誤用した不正資金洗浄制度について明らかにした。ビットコインは、この制度の一部の収益を交換するために使用されたと伝えられており、その総額は約2,240万ドルである。

発覚後、28ものサイトに捜索令状が出され、これまでに7人が逮捕された。逮捕された者の中には、リオデジャネイロ刑務所管理の前国務長官、セザールルーベンスモンテイロ氏(Cesar Rubens Monteiro)や、市民警察特別警察局のマルセロマルティンス代表(Marcelo Martins)がいたという。

リオの内国歳入庁の責任者、ルイス・ヘンリケ・カゼミロ氏(Luíz Henrique Casemiro)は、このような事業に仮想通貨が使用されたのは初めてであることを明らかにした。

同氏はこう述べている:

このような特定の事業に関して、連邦歳入庁は注意を喚起する。始まって以来のビットコイン関連の事案であるからだ。新たな検討事案であり改善策を練っており、中央銀行とIRSの監視下のとなることを示している。

ある州の関係者は、昨年リオデジャネイロ知事であったセルジオ・カブラル氏(Sérgio Cabral)が、昨年の資金洗浄制度と関連する告訴に対して、懲役14年の判決を下したと述べている。

資金洗浄制度

起業家のフィリップ・パイブ氏(Filipe Paiva)率いるInduspan社が、国営刑務所の食事提供として採用されてからというもの、資金洗浄制度は2001年以来続けられていると伝えられている。非常に低料金で囚人を雇用したにもかかわらず、Induspan社が市場価格を上回る請求をしていたため、同社との初期契約は2010年に終了した。

Induspan社が刑務所への供給を停止した後、同氏はPrimus Initiativeと名付けられた非営利団体を立ち上げている。 Primus社はInduspan社の資金を使い、リオデジャネイロの刑務所に食事を供給し始めた。

国家対策グループの検察官シルヴィオ・フェレイラ・デ・カルバリョ・ネト氏(Silvio Ferreira de Carvalho Neto)によると、契約が更新されるたびにパンの価格が急騰し、13年間で約1,000%の伸びを示した。さらに、食事が必要な囚人の数は変わっていないが、供給される食事の数は55,600人から1日当たり83,600人と推定された。

カルバリョ・ネト氏によると、2010年から2015年の間にPrimus社に対して発生した総額は2240万ドルであった。少なくとも1370万ドルは、偽の観光会社を通じて資金洗浄されたと報告されている。

関係者はこう述べている:

彼らは金銭を受け取るために再開したのだ。その間、従業員、銀行、サービスは提示されていなかった。現金で引き出して外国為替に振り替えた直後の金銭を受け取っており、何の考慮もなく金銭が支払われたという実に明確な警告である。 

Brazilian Prison System Officials Caught in $22.4 Million Bitcoin Fraud