G20は、来週の仮想通貨に関する会議の名前と日付を公表

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

G20は、来週、仮想通貨を議題とした2つの異なる会議を開き、代表者が規制上の「共通の対応」と呼ぶものを探す努力をしていく予定です。

今回、G20議長国を務めているアルゼンチンが、主催する来週の首脳会談において、広報官は第1回会合が月曜日に開催されると述べました。この会合では、アルゼンチンのニコラス・ドゥーボーネ財務相と経済協力開発機構(OECD)事務総長ホセ・エンジェル・グッリアを中心に、他の利害関係者を含め、話し合う予定です。火曜日に2回目の討論が行われるだろうと、代理人はコインデスク(CoinDesk)に語りました。

2つの議論の議題と議論のポイントは、まだ発表されていません。しかし、公開された文書では、仮想通貨の影響とその基盤となる技術の潜在的な用途を中心に議論が行われることが示されています。

「この問題は会議の議題の重要な項目であり、各国代表者はイノベーションを阻害することなく、リスクを軽減するための共通の対応を検討する」

と主張しました。

この文書は、ブロックチェーンが「財政的介入を促進する可能性を秘めている」と述べている。しかし、「金融安定、脱税、金融不法行為への影響を分析することが重要だ」と主張してもいます。

米国、ドイツ、フランス、日本の金融関係者は、G20首脳会議までの数カ月間に議論が行われるよう求めています。

スティーブン・ミンチン財務長官は、マネー・ロンダリングのような違法行為での仮想通貨の利用について懸念を示し、フランスとドイツの金融当局は2月に投資家に仮想通貨の潜在的なリスクに対する警告を発しました。

G20 Reveals Names and Dates for Next Week’s Crypto Talks