中国の世界最大ビットコインマイニング企業Bitmain社が米国に拡大中

Translate this article into English

2018年5月最新! ▼当サイトで申込みが多い取引所

【1位】「GMOコイン」【10ヶ月連続1位!レバレッジ取引で人気!】

【2位】「bitflyer」【日本最大級取引所・人気No.1】

【3位】「ビットバンク」【セキュリティ対応No.1】

シェアする

中国を拠点とする仮想通貨マイニング企業Bitmain社は、米国への参入を目指しており、ワシントンのワラワラ港での拡大に焦点を当てている。このニュースは、地元出版社のユニオンブルテン(Union-Bulletin)に初めて掲載された。

Bitmain社はこの事業拡大についてはまだ何も発表していないが、Ant Creekと呼ばれる会社を1つの進出拠点として、記事の中で挙げられている。オンライン登録データによると、Ant Creek社はBitmainの共同設立者ジハン・ウー(Jihan Wu)氏が唯一の統治者として、昨年ワシントン州に登録されたものである。

さらに記事によると、ワラワラ港は2019年の初めから賃貸土地となる予定で、将来的に40エーカーまで購入可能となっている。港湾当局は、これにより民間投資が7〜1000万ドル、最高15〜20時間のフルタイム雇用をもたらす可能性があると報告している。

またポート・エグゼクティブ・ディレクターのパトリック・レイ(Patrick Reay)氏は、彼の代理店はAntcreek社とブロックチェーン施設の開発に約6ヶ月間携わっていると語ったが、パトリック氏は電気供給業側ではなく電力需要には関心がないとのことである。

もしこれが承認されれば、賃貸価格は4,166米ドルに設定され、追加される州の賃貸税としては535米ドルに設定される。Antcreek社がリースする土地は”ケリープロパティ”として知られている。

Bitmain社が昨年かつてない利益を生み出したとき、営業利益で3〜4億ドルと推定され、GPU Giant NVIDIAは同じ営業利益で30億ドルを記録している。

同社の拡大については、中国政府による仮想通貨の最近の取り締まりによるものであり、今年初めにBitmainはスイスにて新子会社を設立している。同社はグローバル化を模索していて、国の規制は事業に影響を及ぼさないとのことである。

Chinese Bitcoin Mining Giant Bitmain is Expanding to the United States